メールを送る際に把握しておくべき言葉遣いと言い回し

2016年12月16日言葉遣い

ビジネスメールでの言葉遣いには注意が必要

Office 620817 640

社会人になると、ビジネスメールを良く使用するでしょう。取引先や上司に送るビジネスメールですが、使用頻度の高い言い回しを行わなくてはいけないものについては把握しておくべきです。

顔が見えないぶん文章次第で読み取り方が異なる

メールの場合、表情が見えない分、自分の考えが相手に伝わりにくくなっています。そのため、言葉遣いは重要なのです。特に、初めてビジネスメールを交わす方には注意を払う必要があるでしょう。

ビジネスメールでの言葉遣い

まずは、ビジネスメールでよく使用する言葉遣いについてご紹介します。普段の話し言葉とは異なりますので確認してください。

・「了解です、分かりました」→「承知いたしました」

・「とりあえず」→「取り急ぎ」

・「すみません」→「申し訳ございません」

・「大丈夫です」→「問題ございません」

・「お久しぶりです」→「ご無沙汰しております」

ビジネスメールでの言い回し

では、ビジネスメールで言い回しの必要な言葉についてご紹介しましょう。

・「契約書を見ておいてください」→「契約書に目をお通しいただければ幸いです」

・「確認してください」→「ご確認の程、よろしくお願いいたします」

・「お願いします」→「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします」

・「もう一度、連絡してください」→「再度、ご一報いただけますでしょうか」

ビジネスメールを使用する際は言葉遣いや言い回しに注意しよう

社会人になっても、ビジネスメールの言い回しなど間違った使い方をしている人は多くいます。上司や取引先などより良い関係性を長く続けるためにも、最低限のマナーを押さえたビジネスメールが送れるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月16日ビジネス

Posted by BiZPARK