褒める方法次第で変化!部下のやる気を引き出す方法

モチベーション, 部下

褒める方法次第で部下のやる気は大きく上下する

Entrepreneur 593371 640

ただ部下を動かすために取って付けたような、その場だけの褒める方法を行っても、部下の心には響きません。褒めることがやる気に繋がると言っても、いつも褒めちぎっていては、部下のパフォーマンスの低下を招くなど逆効果になることが多いものです。上司としてのいつもの観察と的確なタイミングで褒めることが大切なのです。

さりげなく褒める方法が部下にとって効果的

褒める方法として、さりげない褒め言葉を掛けると功を奏することが多いです。例えば、目にした時にテクニックなどを考えず、すぐに褒めることもさりげなさに通じるでしょう。また、周りの人を通じて褒める方法も効果的です。ちょっと行き詰っている部下を心配するなら、周りの同僚などから伝えてもらうようにすると、やる気に火をつけてあげられるでしょう。

部下が自信を持っている分野を特に褒めるとやる気の向上につながる

人は認められると嬉しいものです。特に自分の強みとして自信を持っている事柄が上司に認識されていると知ることができれば、少々の難関は乗り越えられるほどのやる気を引き出してあげられるでしょう。褒める方法というよりも、成果や個性の貢献を認めてあげるということが何よりも部下のやる気を駆り立てることに繋がるでしょう。

部下自身が気付いていない長所を褒めるのも上司の仕事

部下自身が気付いていなかった良い点や強み、部下側からは見えにくい隠れた貢献などを、上司として部下に伝えることは重要な役割でもあります。この褒める方法は、やる気だけでなく、ポテンシャルをも引き上げることにもなるでしょう。新しい自分の能力や貢献位置を発見できることほど、ビジネスマンとして嬉しいことはないのです。

褒める方法で一番重要なのは「具体的な言葉で語ること」

褒める方法として大切なのが、その言葉がより具体的であることです。これは大きなことを成し遂げたり、到達したりしていなくても、たとえ小さなことでも具体的であることで貢献度が実感できるのです。例えば、「プレゼンでとてもゆっくり話してくれて聞きやすかった」「この前~~と言ってくれたのが役に立った」など相手がシーンを思い浮かべることで自信を持たせることができます。

失敗や不調の時こそ褒める方法を重視する

失敗やミス、仕事のペースが遅いなど、上司として叱るべきと考える人も多いです。実は叱ることは当たり前で、とても簡単なことなのです。その中によくできていることを視野を広げて探してあげるという褒める方法を遣える上司がそのような部下には大変必要なのです。指摘は大切ですが、その後にその部下の良い部分に触れてフォローを入れると、叱ると褒めるを同時に伝えることができます。

部下のやる気を出させるには具体的な言葉で長所をさらに伸ばす褒める方法をとる

仕事で褒められて嬉しかったという感情は、部下が一生懸命であればあるほど抱きやすいものです。的確なタイミングでさりげなく、時には細かく具体的に褒める方法を駆使できるようになると、部署全体のやる気も上がっていくことを感じるでしょう。見てもらっているという部下のやる気も定着しやすいです。褒め上手になって職場のやる気を向上させられることも上司として、大変重要な能力と言えます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス