気遣い過ぎてどこまでが過剰かわからない人のためのスマートな気遣いの方法

2016年12月20日気遣い

あなたの気遣いは「過剰な気遣い」にはなっていませんか?

Gf01a201503290500

「過剰すぎる気遣い」は受け取り手の状況や価値観によっては「お節介」になってしまいます。また、的外れな気遣いや相手の求めていない気遣いだったとしてもお節介になってしまうでしょう。確かにいろいろと気を遣ってもらうのは相手にとってもありがたいことであるのは間違いありません。しかし、それがどうしても空回りしてしまっては、せっかくの心意気も無駄になってしまいます。ここでは気遣いとおせっかいのボーダーラインについて、改めて確認してみましょう。

職場で出来るスマートな気遣いはいくつかある

気遣いに必要なのはさりげなさやスマートさです。相手にとって痒いところへピンポイントに手が届く存在になるためには職場でどういう行動をしていけばいいでしょうか?ここではいくつかのポイントを紹介します。

スマートな気遣いのポイント①:相手の真意を読み取る

スマートな気遣いのポイントを紹介します。それは、相手の真意を読み取った行動をとることです。例えば相手が1つの仕事を延々と続けているときに声をかけた際「大丈夫、なんとかするよ」との返事が返ったとします。このとき、気遣いのできない人は「そう、頑張って」と特にリアクションもとらなかったり、逆に気を遣い過ぎて「代わりに全部自分がやろうか?」といってしまうのは相手をがっかりさせます。

このとき、相手は「基本は自分でやりたい。だけど誰かの助けがほしい。ただ、無理に声を掛けられないな」と考えていることでしょう。そのため、ここは「今手が空いてるから自分も手伝うよ!なにか手伝っててほしいことある?」とあくまでサポートする形での気遣いをしましょう。そうすれば相手も快くお願いできますし、手伝うあなたもスマートに行動をとれるようになります。

スマートな気遣いは相手の真意を読み解かないと、ただのお節介になってしまうので注意しましょう。

スマートな気遣いのポイント①:タイミングを見計らって声をかける

次に考えられるスマートな気遣いのポイントは、タイミングを見計らって同僚などに声をかけることができる点でしょう。過剰な気遣い=お節介は相手の事情に構わずあれこれ話しかけることです。①の通り、疲れている時や仕事がかさんで助けがほしい時などに声をかけてもらえるととてもありがたく感じるでしょう。しかし、仕事が支障なく順調に進んでいるときでもお構いなしに話しかけられると、「煩わしい」とか「仕事の邪魔だなぁ」と印象を悪くさせてしまいます。状況に応じた声掛けをおこない、サポートをするのがスマートな気遣いといえるのです。

スマートな気遣いのポイント③:先を読んだ行動をとる

スマートな気遣いのポイントの3つ目に紹介するのが、先を読んだ行動をとることです。例えば会議の会場づくりや、飲み会などの場合、前もって必要な道具をすべての席に用意したり、飲み物を注いだりするなど、特に誰からの指示がなくても動ける姿は気遣いのできる人として評価されやすいです。また、来客者への対応を代わりに行なったり、アポイントメントを済ませておくなどスムーズに次の行動を周りが移せるようなアクションを取るのも先を読んだスマートな気遣いといえるでしょう。

自分自身がその気遣いをされてありがたいがどうかがボーダーライン

気遣いとお節介のボーダーラインを見極めるのは非常に難しいものと考えがちですが、その答えは非常にシンプルです。それは「自分自身がその行為をされたときにどう感じるか」です。人が気遣いをするときに「こうすれば相手が喜ぶだろう」とか「あぁしとけば評価を貰える」など、勝手に他人の立場で行動を行うと、大抵のケースが「お節介」とか「余計なお世話」と反発を受けてしまいます。良かれと思った行動でそう思われてしまうとショックも大きいですよね。

そこで、今おこなおうとしている気遣いが自分自身にされた場合、どう感じるかを考えましょう。もしそれが「やってもらえると助かる、ありがたい」と思えるならそれは立派な気遣いです。しかし「別にやってもらわなくても」と自分自身が思ってしまうのであれば、それはお節介になる可能性が高い行動といえるでしょう。

行動をとる前にある程度のイメージやシミュレーションをして気遣いを行えば、おのずと相手も喜んでもらえる部分が大きくなります。

過剰な気遣いにならないようスマートに行うには相手の真意を読み解き先を読んだ行動をとるのが大切

どこまでの気遣いなら過剰にならずにスマートであるかを考えるのか気遣い上手になるコツです。そのためには自分自身がその気遣いを受けた時に嬉しい内容なのかを読み解いたうえで取り組むのが肝心でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月20日ビジネス

Posted by BiZPARK