気遣いができる人の特徴3つとよく使う言葉

2016年11月29日気遣い

気遣いのできる人の3つの特徴

Handshake 442908 1280

気遣いができる人というのは、ビジネスシーンで、印象をよくするには効果的ですし、なにより社会人として最も大事だと言われる人間関係を円満に築ける人材になっておくと、仕事の面でも助けになるものです。

あなたの周りに気遣いが上手な社会人はいますか?そんな人の特徴を3つに分けてその気遣いのポイントをおさえましょう。

気遣いのできる人の特徴①声かけとプラスアルファの行動力

気遣いのできる人というのは、細かいことによく気が付きます。周りの人の顔色や行動を見て、声をかけるだけではなく、プラスアルファの行動力があるのも特徴。

例えば飲み会のときなどは分かりやすいですよね。サッと食べ物を配ったり、グラスが空いている人がいればすかさず声をかけたり、飲みすぎている人がいれば「大丈夫ですか?」と気遣いの言葉をかけつつお水を渡したり。

楽しみながらも、このような気遣いのできる人は、見習うべき存在ですよね。

気遣いのできる人の特徴②小さなことでもお礼が言える

気遣いのできる人、2つ目の特徴として、どんな小さなことでも、してもらったことに対してのお礼が言えるということです。お礼を言われて嫌な人はまずいません。

気遣いができるとは、言い換えると「相手の立場に立って考えられること」であるとも言えるでしょう。

気遣いのできる人の特徴③先回りして準備する

気遣いのできる人は、相手の立場に立ち、想像力を膨らませることが得意なのも特徴と言えるでしょう。これはビジネスの上でも大いに役立ちます。

例えば、先回りして資料を準備しておいたり、相手の次の行動を予測して動くことができるのです。これには経験も必要になりますが、気遣いの心なくしてはできないことでしょう。

気遣いができる人が使っている言葉の具体例

上記では気遣いのできる人の特徴について紹介していきましたが、参考になりましたか?きちんと気遣いのできる人のポイントはおさえておきましょう。では、次に気遣いができる人が使っている「気遣いの言葉」を具体的にご紹介します。

Bus stop 391242 1280

気遣いの言葉①挨拶とお礼

ビジネスにおいて、基本となる気遣いの言葉とは「お疲れさまです」などの挨拶と感謝の気持ちを伝えるお礼の言葉です。

例えば気温が高い夏の日に外回りから帰ってきた営業さんに「暑い中お疲れさまです」と声をかける、不在中に伝言メモを残してくれた相手に対し「丁寧な伝言をありがとうございます、助かります」とお礼を直接述べるなど。挨拶とお礼は、気遣いの言葉の基本だと覚えておきましょう。

気遣いの言葉②相手の様子を伺う言葉

さらに、ビジネスシーンにおいて気遣いができる人が使う言葉として、「相手の様子を伺う言葉」が挙がります。具体的には「大丈夫ですか?」「何かお手伝いしましょうか?」などです。

仕事は一人でなんでもできるわけではなく、周囲の協力が必要な場面も多々出てきます。相手から頼まれるのを待つだけではなく、自ら状況を見て、相手の様子を伺う言葉をかけることは気遣いの心から出る言動と言えるでしょう。

気遣いのできる人は相手をよく見て細かいことに気づける!気遣いの言葉の基本は挨拶とお礼

気遣い上手の特徴は、「相手をよく見て細かいことに気付ける人」であると言えるかもしれません。

思いやりの気持ちを持つことは大前提として、日頃から周りをよく見るクセを付け、相手が喜ぶ気遣いの言葉を使えるよう、意識してみてください。まずは社会人として、挨拶とお礼から始めてみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK