商品を購入させるための陳列・配置方法について

2016年12月26日商品, 配置

商品の配置が重要となる理由

350d0cb358e997d6

商品を売るうえで商品の配置は非常に重要です。その理由としてお客様はお店に入ったとき、まず商品を見ることから始まるからです。よって商品の良しあしだけではなく、その商品がどこに置かれているかといったことが非常に重要な点になります。陳列次第でお客様の購買意欲をあげることもできますし、また来店しようといった動機づくりにもなるのです。

工夫を凝らした商品陳列は購買意欲を上げる

商品を配置する際は、お客様にとって見やすい場所に陳列する必要があります。また、最初は買うつもりのなかった商品に対して興味を持たせることも大切でしょう。商品陳列にうまく工夫をすれば、衝動買いを促進したり、来客数を向上させたりすることができます。そのお店に来る人の客層と目的にあわせた工夫をしなければなりません。商品を陳列する際は、売り場のどこにどういった商品をいくつ置くのか、よく考えてみましょう。

つい買ってしまうという商品配置とは

「ついつい買ってしまう」というお客様の心理を巧みにつくのが商品配置において大切なことです。どの場所が通過率が高く、立ち止まる確率が高く、さらにいえば購入確率が高いのかなど、きちんと調査することが大事なのです。陳列方法は、業界によって様々ですし、店舗でルールがあるかもしれませんが、目の前のお客様のニーズにそった配置が、売り上げの向上にもつながるといえるでしょう。

「島陳列」や「ひな壇陳列」といった方法がある

では、主な陳列方法についてみていきましょう。まず、スーパー等で良くみかけるのが「垂直陳列」です。用途が同じ商品や関連商品を一番上の段から下の段まで盾に配列します。在庫数が多い場合は、「横陳列」で関連商品を陳列するというのもおすすめです。次が、「島陳列」です。商品を台に並べることで、4方向から商品を見られるように陳列します。大量陳列に適しているでしょう。続いて「ひな壇陳列」という方法があります。これは、台の上にひな壇を作り関連商品を一緒に陳列する方法です。こうすると、お客様は同じ用途の商品の中から質や値段を見比べてどれを購入するか選ぶことができます。

商品陳列をより良くするために

お客様に商品を購入してもらうためには、どれだけ商品の配置を綺麗にしても立ち止まってもらわなければ意味がありません。そのため、そこをお客様が通ったときに立ち止まってもらえるようにPOPを置いたり、何か目を止めるようなものを置けば効果的です。

POPを配置して商品に興味を持たせる

POPは商品陳列台に張り付けたり、スタンドで立てかけたりすることによって、看板のような役割を果たします。お客様の目線の高さに設置したり、床に張り付けるといった様々な方法でPOPを目立たせることが大切です。商品の特徴をキャッチコピーと共にわかりやすく表現すると良いでしょう。また、値段を書いたカードを設置することも大切です。商品にお客様が興味を示したとしても、値段がわからないと手に取る確率が低くなります。最低限、商品の価格についてははっきりと明示しておきましょう。

商品陳列では配置に気を配ることによって購買意欲を上げる効果がある

商品が売れるようになるためには、商品の陳列や配置は大変重要な要素になります。お客様の購買意欲をかきたて、リピート率を上げる陳列をするには、その店舗ごとに異なるお客様の動きを把握する必要があります。きちんと調査してお客様のニーズをくみ取った陳列ができると良いですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月26日ビジネス

Posted by BiZPARK