退職を伝え周りの態度が変わる事への予測と対策

退職

退職を伝えたあとに周りの態度が変わる理由とは?

Cry 62326 640

退職の意思を伝え、会社で受理されると上司や同僚の態度が今までと違うと感じる事があります。周りの態度が変わる大きな理由があるのです。 なぜ、周りの態度変わるのかを見ていきましょう。

どうせ辞めるからといって任される仕事が減る

周りの態度が変わる原因は、「どうせ辞めるから」といって、退職予定の人には仕事を頼まなくなることです。 退職を伝える前は、会議に必ず呼ばれていたのに辞めることを伝えたら会議に呼ばれなくなったなど、周りの態度が変わることに、疎外感を感じてしまいます。

退職が決まって会社を辞める人を会議に呼んでも仕方がないというところだけですが、本人はそう思えません。 周りの態度が変わるのは当たり前だと思って下さい。

周りの態度が変わる場合はどうしたらいいの?

周りの態度が変わる場合、非常に仕事がやりづらいですよね。態度が変わる理由を知っていても、なかなか自分から積極的に話しかけるのは勇気がいります。

ここでは、周りの態度が変わる場合に、取るべき行動について見ていきます。

辞めると決めた退職日まで我慢する

周りの態度が変わる場合、正直どうしようもできませんし、円満退職は難しいです。周りの態度が変わることは辛いですが、逆に捉えて、辞めるまでの残り数ヶ月、数日我慢すればいいだけなのです。周りの態度が変わることから解放される日は近いのです。

今は辛いかもしれませんが我慢をしましょう。

退職期日を明確にしてから退職の意思を伝える

退職日を伝える時は、前提として残る人に迷惑をかけないようにするのが、最低限お世話になった会社への礼儀です。退職日までに引き継ぎを完全に終わらせるようにしなければいけないので、引き継ぎ期間を考えて辞める日を確定させて下さい。

Kanasii

引継ぎ期間を決めたうえで退職日を決める

上司に相談して、最短でよければそれでもかまいませんが、上司が業務を把握していない場合も考えられますので、退職の意思を伝える際には引き継ぎ期間を伝えた上で辞める日を決定すると良いでしょう。

早くも遅くもない、ベストなタイミングの退職がオススメ

逆に退職までの期日が長くなってしまうと引き継ぎが終わっているのに、会社に残ることになります。そうなるとやる仕事がなくなり、余計に疎外感がうまれてしまいます。ここでまた、他社員の態度が変わる場合もありえます。余計な感情を持たないように、早くも遅くもないベストなタイミングで退職することをお勧めします。

退職を伝えた後に周りの態度が変わる場合は辞める日まで我慢する

退職を伝えた後に周りの態度が変わる事への予測と対策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

退職を伝えて、周りの態度が変わらない会社は珍しいです。本来は、円満退職をしたいことろですが、難しいようであれば、周りの態度には辞める日まで耐えましょう。また、引継ぎなどの関係もあるので、辞めると決めたら、早めに伝えて迷惑のないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス