お酒が飲めない人の接待での立ち回り方と免れない際の対処法

2016年11月29日接待, 飲み会

接待でもお酒が飲めない人は無理に飲む必要はない

Cat 800760 640

接待ではお酒を飲む機会が多いでしょうが、本当にお酒が飲めないなら飲まなくても問題はありません。お酒が飲めない人は、接待だとしても無理して大事になることだけは避けましょう。

接待で断りづらい場合は最初の一杯・一口付き合う程度でOK

一昔前ならともかく、現在では無理して飲まなければならないという時代でもありません。お酒が飲めない人が無理をして飲んだ結果、急性アルコール中毒で救急車で運ばれて、その後死亡するなど社会問題になったこともあります。

接待だとしても、無理強いして飲ませることはマナーに違反します。どうしても接待で飲まなければならないという時は、せいぜい最初の一杯、一口に付き合う程度で良いでしょう。

「お酒が飲めない」と断る際は申し訳ない気持ちを伝えよう

Partnership 526413 640

お酒が飲めない人の場合、接待だからと言って無理をする必要はありません。ただし、当然の権利のように「お酒が飲めない」とだけ伝えて辞退するのは心象が良くないので、接待ということもありますし、「申し訳ない」という気持ちは伝えましょう。

お酒が飲めない人は接待では注ぎ役に徹するのがおすすめ

お酒が飲めない人にオススメする接待での立ち回りは、注ぎ役に徹することです。酒を飲まなくて良い点でオイシイ役割ですし、注いでもらえる点で相手も嬉しいWINWINの関係です。接待では「おひとつどーぞ」と言いながら、どんどん飲ませましょう!

お酒がどうしても避けられない場合の対処法とは?

しかし、お酒が飲めない人がそんなこんなでお酒を飲まないように切り抜けようとしても、相手がお酒を飲んでいれば、強引に飲むように言われる事もあるでしょう。そんなお酒を飲むことを切り抜けられない時の対処法を紹介します!

Ryukyu glass 738800 640

対処法①:お酒はチビチビと飲む

接待でお酒が飲めないということを伝えても、相手によっては更に勧められるかもしれません。そのどうしても避けられない時の対処法の1つが、「チビチビと無理せずに飲むこと」です。

対処法②:「自分のお酒だけアルコール抜き」と店に頼む

お酒を飲むことが避けられなくなる事を想定しての対処法がもう1つあります。お店を巻き込む方法です。事前に話を通しておき、自分のお酒だけアルコールを抜いてもらうのです。幾らかチップを渡せば、確実にやってくれるはずです。

接待でもお酒が飲めない人は無理して飲まずに注ぎ役に徹しよう!

お酒が飲めない人は、接待で無理をする必要はありません。しかし接待である以上、断る際には申し訳ないという気持ちで断りましょう。

また、どうしても接待で飲まなければならないという場合は、チビチビと飲むか、事前にお店に「アルコール抜きにしてもらう」ように話を通しておくなど、幾つか方法があります。

ただしお酒が飲めない人は、無理して飲むと命に関わるので、絶対に無理という一線だけは越えないようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK