ガス会社に就職したい人は取っておくべき資格6つ

2017年1月16日ガス会社, 資格

ガス会社の就職に有利な資格①:ガス主任技術者

Construction 646914 1280

ガス会社への就職を考えているなら、ガス主任技術者の資格を取っておくと良いでしょう。ガス主任技術者は、財団法人日本ガス機器検査協会が行う国家資格のです。開催している財団法人は、免状交付などの事務も行っています。ガス主任技術者の資格を得ると、「甲種」「乙種」「丙種」に則ったガスの測定や保安が可能になるので、ガス会社で働きたい方は試験を受けてみてください。

ガス会社の就職に有利な資格②:高圧ガス製造保安責任者

ガス会社で働くなら、高圧ガス製造保安責任者資格の取得がおすすめです。高圧ガス製造保安責任者の資格保有者は、高圧ガスに関わっている第一種製造を行っている事業所にて、保安のために必ず設置しなければいけません。特定の職場で必ず必要とされる資格なので、重宝されるでしょう。また、高圧ガス製造保安責任者の資格があると、丙、乙、甲種の化学責任者、第一種冷凍機械責任者などの職務も担当できます。

ガス会社の就職に有利な資格③:第一種圧力容器取扱作業主任者

第一種圧力容器取扱作業主任者の資格も、ガス会社で働くなら持っていた方が良いでしょう。労働安全衛生法が定める国家資格です。第一種圧力容器取扱作業主任者の資格があると、危険物を多く製造する工場や化学設備にて、沸点以上の液体を有する圧力容器を取り扱う現場などで、監督や指導が行えるようになります。ガス会社を志望するなら、持っておくとアピールの材料となるでしょう。

ガス会社の就職に有利な資格④:乙種第6類消防設備士

ガス会社を含むガス取扱い事業所では、消火器点検の義務が発生します。したがって、乙種第6類消防設備士という国家資格を持っておくと良いでしょう。乙種第6類消防設備士の資格を取ると、スプリンクラー設備、消火栓設備、不活性ガス消火設備、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、漏電火災警報器などの設備を工事できます。ガス会社への就職に役立ててください。

ガス会社の就職に有利な資格⑤:酸素欠乏危険作業主任者

ガス会社では、ガス管の工事など、危険な事故が起こる場合があります。その例として挙げられるのが、酸素濃度の低い貯槽などでの酸素欠乏症です。したがって、ガス会社に就職するなら酸素欠乏危険作業主任者の資格を持っておくと、こういった事故を防げる人材として重宝されるでしょう。労働安全衛生法において、酸素欠乏症や硫化水素中毒にかかるおそれのある場所で作業を行う時に、中毒や欠乏にかかる事を未然に防止し、傷病者が発生した場合は応急手当をする役目があります。

ガス会社の就職に有利な資格⑥:高圧ガス販売主任者

高圧ガス販売主任者の資格も、ガス会社で働くなら取得しておきたい資格です。経済産業省令で指定されているアルシン、ジシラン、ジボラン、セレン化水素、ホスフィン、モノゲルマン、モノシランなどの23品目いずれかの高圧ガスを販売する場合に、必ず必要となります。酸素ガスの販売所、液化石油ガスの販売所、特殊高圧ガスの販売所では、販売主任者として事業所から選任しなくてはいけません。

ガス会社で働くならその仕事に必要な資格を調べて取得を目指そう

ガス会社での仕事には、専門知識が必要とされるだけでなく、安全に作業するための知識も重要となります。したがって、高圧ガス製造保安責任者や酸素欠乏危険作業主任者などの資格を取っておくと、ガス会社で働きやすくなるでしょう。ガス関連の資格は多くなるので、どの仕事で何が必要とされているのかを知っておかなくてはいけません。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK