住宅メーカー営業マンがもっていると有利な資格6選

住宅メーカー, 営業職, 資格

資格①:宅地建物取引主任者

C

宅地建物取引主任者とは略して「宅建」と呼ばれている資格で、住宅メーカー営業マンがぜひ取得しておくべき資格の1つです。不動産の売買においては重要事項を説明する義務があり、その説明を行うのが宅地建物取引主任者となります。不動産鑑定士や土地家屋調査士へのステップアップもしやすい資格ですので、取得しておくべきでしょう。

資格②:ファイナンシャルプランナー

次に住宅メーカー営業マンが取得しておきたい資格は、ファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーとは、家系管理や資産運用について相談に乗れる金銭面のエキスパートといえる存在になります。取得しておけばお客様だけでなく自分のためにもなるので、オススメといえるでしょう。

資格③:住宅ローンアドバイザー

住宅メーカー営業マンがもっていると有利な資格3つ目を見ていきましょう。それは、住宅ローンアドバイザーです。これは住宅ローンに特化した資格で、金銭的な部分においてお客様に的確なアドバイス等を行うためのものとなります。この資格があれば相談の際に説得力を持たせられますので、お客様を安心させることもできるでしょう。

資格④:建築士

次に住宅メーカー営業マンにとって有利となる資格が、建築士です。取得して置けば、設計に関するお客様の疑問に答える際に有利となるでしょう。構造などが読み解ければ防災面などを意識した相談も受けられますので、オススメです。

資格⑤:インテリアコーディネーター

住宅メーカー営業マンならば、インテリアコーディネーターを取得しておくのも良いでしょう。毎日を過ごすための家を取り扱う住宅メーカー営業マンとしては、その内装にこだわるお客様の声にも答えられるのが理想的です。「快適な空間づくり」のために尽くしてこそ、お客様を喜ばせられます。

資格⑥:ライフスタイルプランナー

最後に住宅メーカー営業マンにとって有利な資格としてご紹介するのは、ライフスタイルプランナーです。住まいづくり全般に関わるこの資格は、人々の暮らしをより快適にするためにうまれました。スキルアップにも繋げやすいため、住宅メーカー営業マンとして取得しておいて損はないでしょう。

資格を取得してお客様を喜ばせる住宅メーカー営業マンになろう

住宅メーカーの営業では、お客様に正しい価格で住宅を提供し、気持ち良く買っていただくことが大切です。また、お客様の要望を満たすために、売る時だけでなく売った後も家の内外の相談に乗ることができると良いでしょう。お客様をより満足させるためにも、住宅メーカー営業マンに有利となる資格を取得していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス