住宅メーカーの営業職の仕事内容と気になる年収事情【ハウスメーカー】

住宅メーカー, 営業職

住宅メーカーの営業職は実力主義

Lgf01a201305231700

住宅メーカー(ハウスメーカー)の営業職は成績が何よりも評価されます。ノルマをこなせなければ、どれだけ学歴が良くても、人柄が良くても、非難の目に晒されます。その為、住宅メーカーの営業職は、競争社会で生き残る強い精神力が必要となるのです。

住宅メーカーの営業職は学歴よりも実力重視の世界

一般的に住宅メーカー(ハウスメーカー)での営業の世界は他業界と比べて学歴が尊重されるような世界ではありません。

その為、いくら東大を出ていても、3ヶ月も4ヶ月も0を打ち続ける社員よりは、高卒でも月に1棟契約を持ってくる社員を尊重せざるを得ないし、給料も勿論上でしょう。

住宅メーカーの営業職は天国と地獄しかない

住宅メーカーやハウスメーカーの営業に限らず、「営業」のお仕事は天国と地獄しかありません。残念ながら、中間はほとんどないと言ってよいでしょうね。

ノルマをこなせたら、「そこそこの年収」以上のものが得られ、天国。ノルマをこなせなければ、「そこそこの年収」よりもはるか下の年収で、出社しても針のムシロで地獄。

ハウスメーカーなどの営業さんは、家にこだわりなどをもってはダメで、本当の意味での営業に徹しなければなりません。ものすごく精神的にハードな仕事なのですが、その分リターンも大きいというのがメリットです。

住宅メーカーの営業マンの年収とは?

Cat 602944 640

そんな実力が全ての住宅メーカー業界ですが、年収はどれぐらいもらっているものなのか気になりますよね。確かに、ハウスメーカーは契約が取れなければ地獄、取れたら天国と言いますが、成功している住宅メーカーの営業マンの年収はどれくらいなのでしょうか?

住宅メーカーで営業歴が長い人は年収が高い

成績が悪い営業マンは、住宅メーカーの営業を長く続けられません。2カ月売れないと展示場を変えられたり、さらに売れないと接客させてもらえなかったりする為、離職率が高い職業なのです。

逆に言えば、住宅メーカーやハウスメーカーの営業歴が長い人というのは、仕事がデキる人と見て良いでしょう。仕事がデキる為に営業を長く続けていられるので、高い年収を獲得しているはずです。

20代半ばで年収1,000万円を超える人もいる

住宅メーカーの社員なら、全ての人員が高給取りなのかと言うと、少し違います。住宅メーカーにも、事務職など社員はいます。専門職ですが設計士なども在籍しています。実は営業以外の人達の給料は「普通」なのです。

しかし、仕事のできるハウスメーカーの営業は高給取りです。20代の半ばで、年収1,000万円を超えているなどという事も普通の世界です。30代の会社を代表するエースなら2,000万円超えなどもあります。

住宅メーカーの営業マンの年収を決める歩合とは?

住宅メーカーには、このように仕事がデキれば年収1,000万円越えの人々がいます。そしてその年収を左右するのが歩合というものです。1件当たり契約するごとにもらえる報酬が歩合です。歩合の金額を見ていきましょう。

Minecraft 655954 640

売り上げ一軒あたり10万円前後が平均値

住宅メーカーの営業マンの歩合は、一軒あたり10万円前後が平均値です。勤続年数を重ねて役職に就く事ができれば、一軒あたりの歩合の値段が上がり、年収もアップします。その為、売上に対しては相当なこだわりがあるのです。

モチベーション維持にも年収の歩合は必要

どこの会社も金額はマチマチですが、契約に至れば、住宅メーカーの営業マンには“報奨金”と称して基本給に歩合が上乗せされます。もちろん利益額によりますが、一棟あたりの歩合は5万円から10万円前後くらいです。

個人相手に数千万円の契約を交わし、着工から引渡まで1年間以上のフォローが必要なハウスメーカーの営業としては、これくらいの年収の歩合は決して高くはありません。モチベーション維持としても年収の歩合はある程度必要でしょう。

住宅メーカーの営業職の歩合は役職ごとに上がる

とあるハウスメーカーでは、平社員が2,000万円の新築マンションを売って歩合は15万円程度でした。平社員だと15万円ですが、主任が売ると20万程度、課長クラスだと30万円というように、歩合率が違ってきます。

それから、ハウスメーカーでは1件の販売につき、平社員が売って本人に15万、直属の課長に10万、その上の部長に5万くらいは入ると言う話もあります。

住宅メーカー(ハウスメーカー)の営業職は実力主義の為に年収にも幅がある

住宅メーカー(ハウスメーカー)の営業マンは、精神的に強くなければ続けられません。手酷く断られても、すぐに気分を入れ替えましょう。

そうすれば、高年収を稼ぎ出す住宅メーカーの営業マンになれます。住宅メーカーの営業職は競争率が激しく、大変厳しい世界だとは思いますが、頑張って高収入を目指していきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職