ミスしても怒られない人になるための仕事の処世術

処世術

仕事でミスしても怒られない人とは

Hat 591973 1280

ミスしても怒られない人になるための仕事の処世術をみていきます。まずは仕事でミスしても怒られない人とはいったいどんな人でしょうか。

仕事のミスを見逃してやろうと思わせるテクニックがある

仕事でミスしても怒られない人とは仕事でミスをしても上司に「見逃してやろう」と思わせるテクニックの持ち主です。なぜミスしても怒られない人は通常なら怒られるのに、ミスを見逃してもらえるのでしょうか。

仕事でミスしても怒られない人の処世術

仕事でミスしても怒られない人は上司から仕事のミスを見逃してやろうと思わせるテクニックがあります。では、そのテクニックはどう手に入れられるのでしょうか。仕事でミスしても怒られない人になるためにすべきことをみていきます。

日頃からの就業態度が真面目

仕事でミスしても怒られない人は日頃からの就業態度が真面目です。

遅刻しないのはもちろん、始業時間ぎりぎりではなく、余裕を持って出社しています。さらに毎朝上司より早く出勤し、当たり前のように仕事をしていると信頼関係が築けるでしょう。

上司に対して仕事の見せ方がうまい

仕事でミスしても怒られない人は上司に対して仕事の見せ方がうまいです。

たとえば上司に言われたことを、本人の目の前ですぐメモをとるなど、アピールが上手です。上司から見れば言われたことをしっかりメモしていると評価するでしょう。

普段から上司とのコミュニケーションが取れている

普段から上司とのコミュニケーションが取れているのが仕事でミスしても怒られない人の象徴と言えるでしょう。

上司が小説を読んでいたら、仕事でミスしても怒られない人はすかさずチェックし、同じ本を読んで、何気ない会話のなかにその話題を放り込みます。

同じ趣味の部下がいると上司は喜ぶでしょう。ミスしても怒られない人は陰でそういった努力をしています。

仕事のミスを未然に防ぐことも大事

仕事でミスしても怒られない人の処世術についてみてきましたが、怒られるような事態を防ぐ努力も大事です。最後に怒られる事態を防ぐ方法をみていきましょう。

Cute 15763 640

怒られる事態を防ぐ:上司の怒りポイントを把握

怒られる事態を防ぐには上司がどのラインで怒るのか把握しておきましょう。つまり上司の怒りウォッチです。もし同僚などが上司に怒られる光景を目にしたら、上司が何に怒っているかく観察しましょう。そして同じ間違いをしように努力するのです。

怒られる事態を防ぐ:仕事をそつなくこなす

怒られる事態を防ぐにも仕事をそつなくこなしましょう。上司からどんな仕事の依頼を受けても「何の目的」「誰に」「いつまでに」を意識すれば、仕事をそつなくこなせます。

仕事でミスしても怒られない人は怒られる要因を押さえている

ミスしても怒られない人になるための仕事の処世術についてみてきましたが、参考になりましたでしょうか。仕事でミスしても怒られない人は怒られる要因を押さえていて、未然に無くしています。

日頃から、就業態度が真面目であると少しのミスであれば「見逃してやる」と思わせることができるようです。今回紹介した、処世術をぜひ試してみてはいかがでしょうか。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職