日経新聞の効率が良い読み方のコツ6つ

2017年2月22日日経新聞

日経新聞は就活以外でも読んでおいて損はない

Job interview 437026 1280

就活するなら日経新聞を読めというような話を学生の頃に聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。また、就活以外でも日経新聞は読んでおいて損はありません。そんな日経新聞の読み方のコツについて見ていきましょう。

日経新聞の効率が良い読み方のコツ①:リード文で結論を把握する

日経新聞の読み方のコツとしてはまずはリード文を読むということです。日経新聞の記事の書き方というのは特徴があって、最初の一文で大まかな結論が分かるような作りになっています。したがって、その最初の一文を読んで結論を把握して、さらに読み進めたいと感じた場合はその後の文章を読む形にすると、時間短縮につながります。

日経新聞の効率が良い読み方のコツ②:目的を明確化する

日経新聞の読み方のコツとしては自分自身がなぜ日経新聞を読んでいるのかという目的を明確化するということです。日経新聞を読んでいる目的が明確化していると、自分が読むべき記事というのが膨大な数の日経新聞の中から洗い出されるようになってきます。したがって、まずは日経新聞を読む目的を明確化するようにしましょう。

日経新聞の効率が良い読み方のコツ③:仕事や生活に活かす事を考える

日経新聞の読み方のコツとしては日経新聞を読んで得た知識を仕事や生活に活かす事を考えるということです。このような生活に活かす事を考えて日経新聞を読んでいく中で、自然に読むべき記事が見えてきます。リード文を読んで仕事や生活に活かすことが出来る内容が入っていると感じられたようなら、その後読み進めてみましょう。

日経新聞の効率が良い読み方のコツ④:ニュースを人に語る

日経新聞の読み方のコツとしては日経新聞を読んで知ったニュースについて、実際に人に説明してみるということが挙げられます。日経新聞を読んで知ったニュースに関しては実際に人に話してみることによって、さらに自分自身の理解が深まることになります。会社でも家族でも身近にいる人に対して日経新聞で読んだ記事のニュースを話してみましょう。

日経新聞の効率が良い読み方のコツ⑤:お気に入りのコーナーを見つける

日経新聞の読み方のコツとしてはお気に入りのコーナーを見つけるということがあります。日経新聞にはいくつかのお気に入りのコーナーというものがあります。例えば金融知識を得たいと思ったら「金融面」の特集コーナー、世の中の動きを知りたいのであれば、日経新聞の一面といったような形の読み方を選択も出来ます。

日経新聞の効率が良い読み方のコツ⑥:関連記事まで掘り下げる

日経新聞の読み方のコツとしては関連記事も一緒に読むということです。日経新聞を読んでいるとその記事の関連記事が出てくることがあります。このような関連記事を一緒に読むことでさらにその記事の分野の知識が広がっていくことになります。知識を深めたいと思う分野があれば、関連記事まで掘り下げて読んでみるのが良いでしょう。

▼公式サイト
日本経済新聞

リード文で結論を把握・目的の明確化・関連記事まで掘り下げるなどが日経新聞の効率の良い読み方のコツ

日経新聞の効率が良い読み方のコツ6つについて、見ていきました。日経新聞の読み方のコツとしては上記で挙げたようなポイントがあります。日経新聞は日本や世界の経済の動きを知るためには非常に良いメディアとなっています。とっつきにくいところもありますが、上記で述べたようなコツを意識して読み進めるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年2月22日転職

Posted by BiZPARK