データベーススペシャリストとしての就職に有利な資格

データベーススペシャリスト

データベーススペシャリストは企業のデータ管理が仕事

Gf01a201501260800

データベースを管理するデータベーススペシャリストは顧客情報の管理や購買データの管理といった企業運営の根底に当たるデータを担当する職業です。この職業に就職する際とっておきたい資格と言えば、その名の通り「データベーススペシャリスト」という資格となります。これはIT系の資格でデータベースに関する詳しい知識が問われるものです。取得していると、就職に有利に働くことはもちろん、仕事上でも広く役に立ちます。

就職に役立つデータベース系の資格

データベーススペシャリストの資格は、特定の製品に頼らない普遍的なデータベース構築の知識が問われます。どのようなデータベース関連製品であっても同じような仕組みをもつため、普遍的な知識は役に立つものです。ですが逆に、その製品だけに特化した知識を証明できる資格を持つことも十分な評価を得られるでしょう。

まず基本情報処理技術者から取得する

IT系の資格は、情報処理技術者系と呼ばれます。基礎的な資格としてはこれもその名の通り「基本情報処理技術者」というものがあり、この上位資格としてデータベーススペシャリストが位置しているのです。まずは基本情報処理技術者の取得から始め、段階的にデータベーススペシャリストの資格を取って就職するのも良いでしょう。

次の段階の資格が応用情報処理技術者

段階的に取るべき資格を整理しておくと「基本情報処理技術者→応用情報処理技術者→データベーススペシャリスト」という流れとなります。応用情報処理技術者は基本情報処理技術者よりも詳しい知識が問われ、データベーススペシャリストの前段階的な資格と言えるでしょう。就職にはいずれも力を発揮するのでまずはこうした流れで資格取得を目指すのも良いでしょう。

オラクルマスターも就職に有利

国家資格ではない有用な資格にベンダー系の資格というものがあります。特にデータベーススペシャリストと親和性の高いベンダー系の資格としてはオラクルマスターがあるのです。オラクルはデータベース系の製品を生産する大手企業で、このオラクルマスターはオラクル社の製品に精通していることを証明することができ、就職に有利なものと言えます。

データベーススペシャリストを取れば手当もつく

基本情報処理技術者を取得後に、データベーススペシャリストとオラクルマスターを取れば、データベースのプロフェッショナルと言っても過言ではありません。また、資格手当として数万円を期待できます。この職業に就職する前でも就職した後でも有効な資格と言えるでしょう。

IT系の就職に活かすにはデータベーススペシャリストの資格とオラクルマスターを取ろう

データベーススペシャリストとして就職するための資格の取得手順について見てきました。データベーススペシャリストは、国家資格です。また、民間のベンダー系の資格としてはオラクルマスターが評価の高いものとなっています。これらが難しい場合にはまず基本情報処理技術者や応用情報処理技術者を取得するようにしましょう。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2017年2月21日ビジネス