転職活動の課題である面接での適切な返答方法

2016年12月19日会話術

面接の質問には最適な返答をしよう

Office 581131 1280

転職活動を行っている中、面接では様々な質問をされます。ここでは、「当社の課題とは?」や「経験やスキルを当社でどう活かす?」の質問に対する適切な返答方法について、ご紹介したいと思います。果たして、これらの質問にはどのような意図があるのでしょうか。そしてこの質問の適切な回答とはどのような回答なのか、確認していきましょう。

企業への理解度や働く意欲が見られている

企業が行う「当社の課題は何だと思いますか?」の質問の意図としては、志望者がその企業に対する理解度がどれほどのものかや、その課題に対してどう取り組んでいけるかなどを知りたがっている傾向にあります。

「あなたの経験やスキルを当社でどう活かしますか?」でも、同じことがいえるでしょう。企業に対する理解度を知ったうえで、どのように自分の経験やスキルを活かせると思うかを知りたいのです。

どちらの質問も、その企業で働く意欲を知りたいのです。そのために、面接に行く前にしっかり志望する企業の研究を行う必要があるのです。

「当社の課題とは?」の返答は企業研究が前提

企業側が求める回答をするためには、まず企業研究が欠かせません。志望する企業の現状や強み、弱み、課題を徹底的にリサーチしましょう。

ここで注意しておきたいことは、HPなどに掲載してある企業の課題をそのまま回答しないことです。HPに掲載してあるということは、企業側も十分理解している課題ですので、さらにその課題を深堀したり、自分なりに見つけた課題を提示しましょう。

課題を理解し解決案まで提示する

企業研究にて課題をしっかり把握した後は、今後どのように取り組んでいくべきかなど、解決策まで提示できると良いでしょう。課題や欠点を延々と述べても、企業が求める回答にはなっていません。

こういう課題があって、このような方向性にもっていくにはこんな取り組みをするべきかと思いました。このような回答だと、企業側も働く意欲を感じ取ってくれるでしょう。

マイナスイメージを与える回答は控える

「当社の課題は何だと思いますか?」という質問に対して、「特にないと思います。」というような回答は意欲がない印象を受けてしまいます。また、本当にうちで働きたいのかな、うちがどんな企業がちゃんと理解しているのかなと企業側から見るとマイナスイメージになりかねません。

「経験やスキルを当社でどう活かす?」では自己アピールを

転職活動を行う方に対して、即戦力を求める企業も少なくありません。

「あなたの経験やスキルを当社でどう活かしますか?」という質問がある可能性も十分にあります。自分の今までの実績や経験をアピールできる一番の見せどころなのです。

前職での経験や、持っているスキルをどう活かせるか、企業研究をしたうえでしっかり考えておきましょう。企業をしっかり理解できていれば、持っている資格がどこで役に立つかや、自分が積んできた経験がどのような状況で活かせるか、きちんと伝えられるはずです。

まとめ

以上、転職活動の課題である面接での適切な返答方法についてでした。いずれの質問にしても、面接では企業に対する理解度や、働く意欲を知りたい傾向にあります。そのため、企業研究は欠かせません。

転職活動においては志望者に対して、即戦力を求める企業もあります。企業の抱える「課題」では、解決策まで導けると印象もより良いものになるでしょう。「経験やスキル」についても、自己アピールできる最適な場面です。

面接はぶっつけ本番で挑むのではなく、適切な回答ができるようしっかり企業理解を深めることから始めましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月19日転職

Posted by BiZPARK