電話営業をしたくない!そんな時にやる気を出す方法

2016年11月29日営業職

営業を断られるのが怖くて電話したくない

Cell phone 690192 960 720

仕事上必要だけど電話したくない。そんな時は営業なら誰にでもあるものです。電話営業の担当の人なら「また断られるのかな…」といううんざりした気持ちが先立ち、今やっている仕事が無意味・無駄に思えてくることも少なくありません。しかし営業職はビジネスの基本ですから、営業電話一つとっても気合いを入れて取り組みたいものです。

断れるのが当たり前と思うこと

仕事したくない、電話営業したくない、こういう時でも命令されたら仕事に取り組まなければなりません。かけた電話を相手方が無言で切ったとしても自分が凹んだりしないことです。たまたま仕事が忙しい時にセールスの電話がかかってきたら、誰でも対応したくないものですよね。100本かけて3本当たればいいや、という自分なりの目標を定めて仕事を頑張りましょう。

こうすれば営業の契約が取れるという確実な方法は無い

営業がなかなかうまくいかないと、電話したくないものです。電話をかけた先に数百回断られ続けてかけるのが怖くなってしまった人や、相手が話し中だとほっとしてしまう人も少なくありません。こうすれば契約が取れるという確実な方法は無いようです。しかしお客様に話を聴いてもらいやすくする仕事上の工夫はできます。

会社の電話営業のスクリプトに変更をもたせる

営業電話は会社から渡されるスクリプトが基本ですから、その基本はしっかりやる必要があります。電話したくない営業の人でも基本は覚えましょう。電話営業の難しさとはこの想定スクリプト通りにお客様と会話が進まない点だと言われます。お客様が100人いれば100通りの返答があります。いくつかのパターンを記憶して対応できるようになりましょう。

営業に個性を持たせる工夫が必要

電話したくない…というのはかける電話を片っ端から断られ続けて契約率が低いからではないでしょうか。スクリプトをそのまま読むだけでは不十分で、自分なりのアレンジを加えると良いようです。特に「個性」があるオペレーターの方がお客様受け良いと言われています。敬語も拙くて、ひやひやするような会話でも営業の契約率が高い人もいます。

電話への苦手意識を克服して営業を成功させよう

電話はお互いの顔が見えませんから、自分らしい声や話し方が主になります。電話したくない、そもそも電話が苦手…という人は、そういう声だけでお客様との心理的な距離を縮めていく力が弱いと言えるでしょう。まずはスクリプト通りに礼儀正しい電話営業をして、その後に自分らしさを出すことで、お客様に気に入ってもらう必要があります。

電話したくないと考えてしまう人は発想を変える

電話したくないと考えてしまう人は発想を変えて電話営業を楽しむことを考えましょう。例えば、さっきは強気な口調で電話営業したから、今度は下手に出てうまくいくか試してみようなど、いくつかキャラ設定を持たせて、仕事を楽しむ心構えで臨むのです。何事も仕事を楽しむ気概のある人が仕事を成功に導きます。まずは電話したくない、というネガティブな気持ちを取っ払う事です。

「電話したくない…」と思う人はスクリプトにとらわれず営業の仕事を楽しむ気概で臨むこと

電話したくない、という人は発想を変えて営業の仕事を楽しむ姿勢で臨みましょう。電話営業の契約率とは、何を話すか?ではなく、どういう話し方をするか?という点が大きいです。何回かけても契約できないから電話したくない…という人は、「話し方」について自分らしく、相手に感じのよい話し方ができているだろうか?と自問してみましょう。ICレコーダーなどで自分の声を録音してみることもオススメです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK