インパクトのある言葉で魅力的な企画書・提案書を作る方法

2016年11月29日企画書, 提案書

魅力的な企画書・提案書の作り方のポイントとは?

Contract 408216 640

魅力的な企画書や提案書は、ある程度の批判もあるくらいが新しくもあり、魅力的な企画書・提案書だと言えます。インパクトのある魅力的な企画書・提案書は完結にまとめましょう。魅力的な企画書を作るときは、見る相手の心理を徹底的に考えましょう。

まずは企画を通すためにはインパクトのある魅力的な企画書や提案書じゃないと振り向いてもらえません。インパクトのある魅力的な企画書が持つ2つのポイントがあります。

インパクトのある言葉を取り入れて簡潔に

魅力的な企画書や提案書を作るには、以下2点が必須となります。

1:締めの言葉は簡潔であること

2:インパクトのある言葉を使うこと

魅力的な企画書や提案書ほど、インパクトのある言葉や、締めの言葉を簡潔にする方が、シンプルに心に響きます。

魅力的な企画書におけるインパクトのある言葉の重要性とは?

企画書・提案書のメインに書くことは、「テーマ・コンセプト・分析」などです。魅力的な企画書や企画書は、余分な言葉を省いたインパクトのある言葉を用意します。

どうして自分がやるのかなどの明確に伝わる、インパクトのある言葉選びも大切なポイントです。さらに前述でも紹介しましたが、締めの言葉は完結にすることが、魅力的な企画書にするためには大事です。

それでは、魅力的な企画書や提案書を作成する際に必須な、インパクトのある言葉の重要性についてみていきましょう。

インパクトのある言葉ひとつで魅力的な企画書に変わる

魅力的な企画書や提案書は、同業者を悔しがらせるほどのインパクトのある言葉が入っています。インパクトのある言葉を入れた企画書や提案書はとても魅力的です。「インパクトのある言葉」。

このインパクトのある言葉が一言無くなったら全てがなくなるというくらい、魅力的な企画書や提案書作りの際には重要視しましょう。

インパクトのある言葉で魅力的な企画書を作る際の注意点とは?

魅力的な企画書。提案書におけるインパクトのある言葉の重要性についてはおわかりいただけましたでしょうか?次に、インパクトある言葉で魅力的な企画書や提案書を作る際の注意点について見ていきましょう。

Board

どんな言葉を使うか社内で多数決を取り決める

10人に聞いて10人がダメだと思う企画書や提案書だと、もちろんダメです。しかし、10人が賛成する企画書や提案書でも、ダメなのです。なぜなら、他社でも同じことを考えている可能性が高いからです。

では、「魅力的な企画書・提案書」はどうなのでしょうか。企画書や提案書を見た人のうち反対する人が7、賛成する人が3が妥当だと思います。

というのも、反対が7もあれば、仮に他社で同じアイデアがあったとしても諦められている可能性があるからです。その反対7の障害を乗り切れば、技術面・市場参入面でも一番になれるぐらいの手ごたえがある、魅力的な企画書・提案書になります。

インパクトのある言葉は周りを共感させるものでなければならない

インパクトのある言葉で作成したし、魅力的な企画書・提案書だと自分で完ぺきだと思っていても、周りを共感させなければ魅力的な企画書・提案書とは言えません。インパクトのある言葉も必要ですが、「この企画のどこがどのように魅力的なのか」「この企画を形にすることで、どんなメリットがあるか」ということを、多くの人に共感してもらわなければいけないのです。

「どれだけ魅力的な企画書なのか」を、周りに的確に伝える誠意も、ビジネスマンには必要です。

魅力的なプレゼンの締め方のポイントとは?

ここまで、魅力的な企画書・提案書の作成の方法を紹介してきましたが、これから紹介する、企画書や提案書の、締めの言葉も非常に大切です。

締めの言葉は「断言」で終わらせる

インパクトのある言葉を使って、いくら魅力的な企画書・提案書を作成しても、締めの言葉が曖昧だと、結局この企画書た提案書は大丈夫なの?と説得力もなくなってしまいます。締めの言葉は、断言して終わらせるというポイントをおさえておきましょう。締めの言葉での良い例と悪い例を下記に紹介します。

《締めの言葉:悪い例》

×「この企画を進めたいと思うが、どうだろうか」

以上のように、いくらインパクトのある言葉を使って、魅力的な企画書・提案書を作成していたとしても、締めの言葉が曖昧で、結論を相手に委ねてしまっていては、どこか自身がなく説得力に欠ける企画書・提案書になってしまいます。

《締めの言葉:良い例》

○「というわけで、この企画をぜひとも進めたい」

以上のように断言した締めの言葉を使って終わらせましょう。

魅力的な企画書を作るためのインパクトのある言葉はまわりの共感を得られるものにする

インパクトのある言葉で魅力的な企画書・提案書を作る方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

魅力的な企画書とは、ある程度の批判も出てくるものです。企画内容がいくら素晴らしくても企画書がつまらなくては読んでもらえません。明瞭簡潔な内容で、なおかつインパクトのある言葉を取り入れて企画書を書くことも必要です。また、企画書・提案書を魅力的にするには締めの言葉も大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日ビジネス

Posted by BiZPARK