仕事ができない人の口癖

口癖

理解しないで返事をする人は仕事ができない

Pak86 mimiwokatamukeru20131223500

仕事ができない人の口癖の1つめ「理解をしてないのに返事をする」です。わからないことをわからないままにしている人でもあります。おそらく、先輩に聞いて怒られることを恐れるタイプと言えます。

理解できないことは、理解できるまで聞いて行動しましょう。わからないまま仕事をしていると、「誰がそんな指示をしたんだ」と、怒られかねませんので注意です。

はいはい人間になってはいけない!

仕事ができない人ほど、先輩に仕事の内容を説明されると、「はい!わかりました!」と返事してうなずくのですが、ただやる気をみせているだけで結局は仕事の内容を理解していません。

理解していないのに先輩に返事をするので、先輩は理解しているという前提で説明をすすめます。もし、仕事の説明を聞いても分からない場合は必ず聞きましょう。

仕事ができない人は「忙しい」と言いたがる

仕事ができない人は、「今忙しいから」、「最近忙しいんだよね」などと、「忙しい」と言いたがります。忙しいと言っている自分に自惚れているタイプです。

ここでは、忙しいが口癖の、仕事ができない人について見ていきましょう。

忙しい=格好いいと勘違いしている

忙しいを口癖にする人は大抵、そういう自分が好きで、「忙しい」と周りに言えば、格好いいと思っているものです。逆に仕事ができる人は、「忙しい」なんて言葉を発しません。

「忙しい」が口癖の人は、自分のタイムマネジメントが出来ないと言っているのと同様です。「忙しい」は良い事ですが、周りに言わなくても沢山の仕事をこなしていれば、評価は行動が示してくれます。

仕事ができない人は「どうしたらいいですか?」と聞いてくる

仕事ができない人は、「どうしたらいいですか?」が口癖です。仕事がわからない新入社員に多いようです。ここでは、「どうしたらいいですか?」が口癖の、仕事ができない人について見ていきます。

A0002 007898

自分の頭で考えようとしていない証拠

「どうしたらいいですか?」とう口癖は、自分の頭で考えようとしない思考停止ワードなのです。

仕事ができない人は、自分の頭で考えようとしないため、このような言葉が出てしまうのでしょう。

改善策として、「どうしたらいいですか?」を、「こうしたいのですがいいですか?」と自分の意見を持つと、仕事に対する考えが変わるかもしれません。

仕事ができない人の口癖は業務を理解していないのに「忙しい」

仕事ができない人の口癖について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

仕事ができない人の口癖は、理解のない返事や、「どうしたらいいですか?」といった、業務を理解しないで言ってしまう傾向にあるようです。そして、もうひとつ。これは周りにもよくいると思いますが、口癖が「忙しい」の人。「忙しい」と言うことが恰好いいと思っている人です。

あなたも普段、気にせず口にしていた言葉はありませんでしたか?上記の言葉には十分気を付けて、口癖にならないように注意しましょう!

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職