人生における「仕事の位置づけ」が”分かる”考え方

仕事選び

人生における「仕事の位置づけ」が年代で違うのはなぜ?

System 825314 640

人生とは?仕事とは?誰もが悩むこのテーマですが、現在の若者の仕事の位置づけは、全体的に薄れてきているようにも思えます。「仕事が人生だ!」と何の疑いもなくバリバリ働く中高齢者に比べ、仕事の位置づけを真ん中にして頑張ろうという若者が減りつつあります。

不景気な経済状況も相まって、仕事の位置づけを真ん中にしたとしても、「将来性」を疑ってしまうケースもあるのでしょう。では、なぜ年代の推移と共にこのような仕事の位置づけにおける意識の変化が生まれたのでしょうか。

人生とは「仕事中心」から「プライベートを楽しむ」という考えが出始めた

「人生とは?仕事とは?」と考える余裕もなく「働くのは当たり前」という50代、人生とは何かについて考え仕事とは「オンオフを切り分ける」ものだと考える40代、「仕事とは人生とは別のモノ」だと考える30代というのが、現在の認識の平均値と見て間違いないでしょう。

40代の頃が、ちょうど”バブル世代”と呼ばれる人たちで構成されている世代です。少しずつ「プライベートも楽しむべき」という考え方がではじめてきていたのでしょう。

現代の20代にとって「仕事の位置づけ」とは?

Female 702961 640

そこへ20代の混沌とした考え方が生まれてくるのです。「どうして働くのか?」という、仕事の位置づけ自体の意味を問うようになりました。そんな現代の20代にとっての仕事の位置づけを見ていきましょう。現在の20代の仕事の位置づけに対する考え方は、実は大きく2つに区別されています。

20代の仕事の位置づけ①:人生の一部でしかない

現在の20代の仕事の位置づけに対する1つ目の考え方は、「生きていくために仕事はするけれども……」という考え方です。”仕事”に対してではなく、”趣味”などに対して「意味」を見出している人たちのケースですね。

長い人生の中に仕事というものは確かに存在してはいるが、仕事の位置づけはそんなに大きくないという考え方になります。つまり、仕事は人生の一部でしかないと、完全に割り切った考え方です。

20代の仕事の位置づけ②:人生そのもの

人生とは?仕事とは?誰もが悩むその一方で、まったく真逆の捉え方をしている20代もいます。2つ目は「仕事をすることそのものが長い人生だ」という考え方です。

彼らの求めているものは「自分は何をしたいのか」「何ができるのか」ということ。その延長線上に仕事というものが存在しているのです。生きる意味・仕事をする意味を考えてきた結果が、長い人生の目標そのものとなっているように思えます。

長い人生の中で「仕事」とはどう考えるべき?

「仕事は人生の一部」と考えている人は、特に若者に多いでしょう。しかし、認識としては『仕事の中に人生がある』という方が正しいと言えます。「何が違うの?」と疑問に思った方は、以下の例を参考にしてみてください。人生とは?仕事とは?何かについて今一度考え直してみましょう。

「仕事とは大事な人を支える為のもの」という考えも!

Book 863418 640

家族で考えると分かりやすいです。父親が仕事をして稼いだお金で、生活が成り立っています。要するに、『父親の仕事の中に家族の人生がある』のです。これは、人生を大きな目で見た場合には、大事な認識です。仕事が大事な人の人生を支えている、ということになるのです。

他人に対して「とにかく働け」と強要するのではなく、仕事があるから自分、もしくは大切な人の長い人生が成り立っているんだと考えてみましょう。そうすれば、長い人生における仕事の位置づけをしやすくなるかもしれませんね。

人生における仕事の位置づけは一生考えるテーマ!

しかし、人生における仕事の位置づけは一生考えていくべき大事なテーマになります。どの答えが正解というのはなく、個人個人の価値観の違いによっても違ってきます。是非、疑問に思った方は考え続けてくださいね!

人生における仕事の位置づけとは年代や人によって違う一生のテーマ!

人生とは?仕事とは?誰もが悩むこのテーマですが、長い人生における仕事の位置づけとは何か、を考えること自体が大事なテーマなのです。

現在の若者の間では、「仕事は人生の中の小さな要素の一つでしかない」という位置づけが多く見受けられます。反面「仕事=人生」という捉え方もいます。

他の趣味や好きなことに目を向けることは、決して悪いことではありません。しかし、人生の大半を占めるのは、やはり仕事なのです。

その大部分を占める”重要なファクター”を軽んじてしまっていては、将来空っぽの人生になってしまう可能性だって、ないとはいえないのです。

自分にとって人生とは、仕事とは、どんな意味を持つものなのか、もう一度ふりだしに立ち返り、あらためて考えてみることをお勧めします。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職