「WILL・MUST・CAN」で転職やキャリアアップを考える方法

2016年11月29日キャリアアップ

「WILL・MUST・CAN」はキャリア形成でポイントになる!

Girl walking covered street

「WILL・MUST・CANの輪とはなに?

では、まず「WILL・MUST・CANとはどういった考え方なのでしょうか?「WILL・MUST・CAN」について知っておかなければ、しっかり自分の気持ちを整理することができませんので、ここで「WILL・MUST・CAN」についておさえておきましょう。

「WILL・MUST・CAN」とは・・・

●WILL=やりたい仕事

●CAN=提供できること

●MUST=すべきこと

この3つが個人と社会を形成して行くきます。キャリアアップと転職では、是非考えて行きましょう。

「WILL・MUST・CAN」の考えで充実したキャリアを築いて行ける

「WILL・MUST・CAN」について考えることは、あなたのキャリアアップや転職の場合に大事です。

つまり、この「WILL・MUST・CAN」の3つが重なる領域で、領域が広いほど充実したキャリアを築いて行けるのです。自分自身のキャリアや転職を考えるうえで、気持ちや目指す道を確認できる方法です。

キャリアアップには現状把握が大事!

Tree 97986 1280

「WILL・MUST・CAN」の行動の中には謙虚が特に必要です。

また、自信を持ちキャリアで結果を出すには、日頃の鍛錬が必要なのです。キャリアアップのために「WILL・MUST・CAN」を考え、どんな環境にいても自らを高める努力をしてください。キャリアアップのチャンスが見え、かつチャンスをつかむことも出来ます。

「WILL・MUST・CAN」の概念から考える自分のやりたいこと

人生には何度も分岐点があり、転職の際も悩むもの。

キャリアアップについても同じです。例えば入社3年目という区切り、転職における30歳という年齢、結婚や出産といった人生のビッグイベント。どうしようもなくなったら、「WILL・MUST・CAN」に立ち返ってじっくり、転職してから自分がやりたいことを考えてみましょう。

まずはWILLから考え目標設定を明確にする!

WILLをしたいけれど、CANがないとできない。しかも、「求められる(MUST)力」と一致しなければミスマッチだと言われてしまいます。このときに陥りやすいのは、「Willがない」ために行き場を無くすことです。

キャリアアップには、まず「Will」を考えることです。そうしなければ、いくら力があってもその職場で長く続けることは出来ないでしょう。

MUSTを積み上げCANに繋げる!

まず、しっかりとMUSTを積み上げましょう。

「今やってる作業、意味ないな」と考える人は伸びませんし、CANも増えないでしょう。WILLがあったとしても辿りつけません。まずは何も考えずに、今やっていることに全力を尽くすのが大事。

そして、大切なのは、それぞれの仕事の輪を広げていくことです。WILLとMUSTは自分次第で広げられます。MUSTを広げるには、社会人の話を聞くことです。世の中で企業がどんなことをして、何を求めているかは、外の人に聞かなくては分かりませんよ。

転職は「WILL・MUST・CAN」を念頭にキャリアアップを!

転職でキャリアアップをするためには、「WILL・CAN ・MUST」の概念をよく考えてください。

もし、あなたが現状に悩んでいても、今の『仕事』を『作業』と思うことはなく、全力を尽くしてやり遂げてください。そこで努力をすることが重要なのです。”Must”を積み上げれば”Can”も増えていき、きっとその中に”Will”への道が見えるはず。

少しずつ、コツコツと頑張っていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK