フィードバック分析の方法と手順

フィードバック分析

ビジネスを成功させる手段であるフィードバック分析とは?

Lgf01a201305231700

「フィードバック分析」とは、経営学者のピーター・ドラッカー博士が唱えた自己分析方法です。実際にドラッカーの著書を読んで実践している人も少なくないはず。ドラッカー氏本人は、このフィードバック分析を50年間ずっと行っていたのだそう。

自身の「強み」を知るための”最強の手段”

ドラッカーは著書のなかに、このような言葉を残しました。

「何ごとかをなし遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。できないことによって何かを行うことなど、とうていできない。そして、強みを知る方法は一つしかない。フィードバック分析である。」

仕事でモヤモヤを抱えているみなさん、仕事で大きな成果をあげたいと思うなら、自らの人生を切り開くフィードバック分析を実践してみませんか?自身の弱みではなく「強み」を提唱するこのフィードバック分析は、現代においてビジネスを成功させるための”最強の手段”とされています。それでは、フィードバック分析方法と詳しい手順を紹介します。

フィードバック分析の方法とは?

フィードバック分析の方法を紹介していきます。フィードバック分析の方法はシンプルなものです。とはいえ、これは早くても半年はかけて行う分析法なので、今すぐに結果を出すのはできません。ドラッカー本人も50年という長い年月を費やして行っていたのですから。

How

現在の自分を知ることから始める

フィードバック分析の第一歩は”現在の自分を知る”です。「今やっている仕事」「はじめた仕事」を理解して書き出し、そこから予想できる「期待できる成果」を明確にするわけですね。そして後日、「予想した成果」と「実際の成果」を見比べ、『自らの強み』を導き出すのです。

フィードバック分析の詳しい手順

それでは、簡単なフィードバック分析方法をお伝えしたところで、詳しい手順に移りましょう。一度、手順を覚えてしまえば、その手順を繰り返すだけなので、フィードバック分析をするのは難しいものではありません。

紹介手順を長期間繰り返すだけ

では、簡単な方法をお伝えしたところで、詳しい手順に移りましょう。一度、手順を覚えてしまえば、その手順を繰り返すだけなので、難しいものではありません。

【フィードバック分析の手順】

<1>

「現在、自分がやっている仕事」、もしくは「新しく始めた仕事」を書き出す。

その各々の仕事に、「その期待する成果、目標」も書き出しておく。

<2>

9ヶ月後、1年後に、その期待と実際の結果を照合して分析する。

すると、「自分の強み」、「自分の弱み」、「自分の知識の蓄積」が明らかになる。

また、同時に、勉強すべきことや改善すべきことも分析する。

<3>

2を踏まえたうえで、今後、3年~5年に取り組むべき仕事はなにか、それは自分がやるべきことか、自分の強みと一致しているかをさらに分析していく。

こうした思考のステップを踏んで、また①に戻る。

考えるべきことは多くありますが、手順は同じことの繰り返しです。ドラッカーが唱えているのは、「弱みを人並みにするより、強みを超一流にしたほうが、成果をあげやすい」ということですね。

フィードバック分析とは自身の強みを見出すために手順を繰り返す方法

ドラッカーのようにフィードバック分析方法を50年続けるのは根気が必要ですが、大きな成果をあげるには、こういった地道が努力がなくてはならないのです。フィードバック分析とは、自身の強みを明確にするための分析方法。あらかじめ立てた「予測の成果」と「実際の成果」を照らし合わせる手順を繰り返せば、自身がなにをすべきかも見えてくるでしょう。

フィードバック分析は、手順を覚えても今すぐに結果が出ないのがもどかしいですが、まずは9ヶ月や1年先を見据えて、目標を立ててみてください。この同じ手順を繰り返す地道な分析方法を実践すれば、優れた成果が期待できるはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス