クリスマスのホームパーティーに最適な手土産とは?

クリスマス

クリスマスにホームパーティーをする人は増えている

Breze 1670107 960 720

クリスマスというと、恋人同士や友人たちが集まって豪華に食事をするイメージがあります。その一方で、海外ではクリスマスは自宅でもホームパーティーを開き、家族と共に過ごす習慣があり、それに習って日本でもホームパーティーを開く人も増えています。ホームパーティーに招かれたら、日本では一般的に手土産を持参することになっています。小さなもので良いので気持ちばかりの品物を考えましょう。

話題性があれば不味くてもOK!

クリスマスのホームパーティーでは、ホストが招いた人達が集まるもので、あまり堅苦しい関係の人は集まらないものですよね。手土産として持参する品物として、皆が話題を共有できて楽しめるものであれば、巷で評判の「好き嫌いが分かれる食べ物」などでも良いでしょう。実際に皆が食べて不味いことで話題が盛り上がればそれも思い出となりますよね。

ホストの手料理の邪魔にならないものを手土産にしよう

クリスマスのホームパーティーへの手土産を考える際に注意したい点は、ホストや奥さんが手料理を振る舞ってくれる場合、料理の邪魔にならないものであることです。折角時間をかけて料理を用意してくれているのに、自分が料理好きだからと「肉じゃが」などを手土産にする女性がいますが、全体的なバランスを考えての料理ですので、味や香りが邪魔になってしまうことが多いのです。

お酒の手土産なら手を付けなくても取っておける

クリスマスのパーティーですから、お酒が出るものです。手土産として持参するならば、ワインや日本酒、ソフトドリンクなどが良いでしょう。お酒ならば手を付けなくても安心して置いてくることができます。長時間のパーティーでは皆が楽しくお喋りをすることから、意外と飲み物が足りなくなり、買い足しをすることも多いので、ストックにしておきます。

奥さんへのねぎらいの気持ちも込めよう

クリスマスパーティーの手土産というと、どうしても参加者で分けあって食べるものを想像してしまいます。しかし、当日一番大変なのは台所を預かる奥さんなのです。パーティーの間、奥さんは殆ど食事もできず、グラスを運んだり洗い物をしたりと休む間もありません。手土産として持参するならば、ホストはもちろんですが奥さんがあとでこっそりと食べられる様なものがお勧めです。「こちらは、奥さんに是非召し上がって頂きたいものです。」と言ってねぎらいの気持ちとともに渡しましょう。

日持ちがする手土産を贈ろう

当日は色々な料理が出ることから、手土産を持参して箱を開けても手を付けないこともあります。ホストの家に置いて来ても良い様に、日持ちがするものを選びましょう。クリスマスケーキも当然用意されていることから、甘いお菓子でなくても構いません。日持ちがする手土産として、あられやお煎餅などは意外と喜ばれるものです。

クリスマスのホームパーティーではお呼ばれしていること念頭に手土産を選ぼう

クリスマスパーティーの手土産として、パーティーグッズなどを大量に買い込んで来る人もいます。しかし実際に使用すると部屋も散らかるしゴミも出ますので、自分で持ち帰るつもりで持ちこみましょう。クリスマスのパーティーですので子供が参加することも多くあります、子供向けのお菓子やグッズなどを手土産にすると喜ばれます。ホストファミリーのことを考えて、後片付けが楽なものを考えることです。

人気の転職サイト特集

doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

2017年1月16日ビジネス