測量士補が就職に役立つ理由とキャリアアップ方法

2016年11月29日キャリアアップ, 測量士補

測量士補とは?

Topography 813844 1920

キャリアアップについて見ていく前に、就職先で測量士補がどういった役回りをしているのか、知っておくべきです。測量士補とは、いったいどういった職業なのでしょうか。測量士というのは聞いたことがあっても、測量士補という立場があるのをご存じな方は少ないかと思います。では、測量士補という職業がする役目を見ていきましょう。

測量士の計画に沿って業務を遂行する人

測量士補とは、測量士が立ち上げた計画に沿って業務を遂行する人のことをいいます。地下やトンネルの工事をする前に測量したり、ビルなどの建築にあたって正確に測量したりする仕事をしているのが、測量士補です。主に測量事務所や建築業界に就職します。公務員として働くことも可能な資格になっています。では、測量士補を持っていると、就職に役立つのでしょうか。

測量士補は比較的容易に取得できるため業界に入りやすい

測量士補は、比較的容易に取得できる資格だといえます。したがって、測量関係の仕事に就職したいなら、まずは測量士補から取得すべきでしょう。業界に入りやすいという面で、測量士補を持っておくと役立つはずです。また、就職に有利になるのには、他にも理由があります。

測量関係の就職先は求人が多い

測量関係の就職先は、求人を出すところが多いのも有利になる理由です。求人が多いということは、測量士補を持っていれば就職しやすいのを意味します。建築業界で活躍する測量士たちは、最初は測量士補を習得してから就職するのが一般的です。したがって、測量関係の仕事に就職したいのであれば、まずは測量士補を取得しましょう。

公共工事は測量士補などの資格がないとできない

測量の仕事自体は、無資格でも可能です。しかし、公共工事における測量は、資格がなければ携わることはできません。ですから、測量士補の資格を取得していれば就職後の公共工事でも活躍できるので、重宝されるでしょう。しかしながら、あくまでも補佐役の立場ですので、就職した会社内での評価は比較的低い方だといえます。では、どうやってキャリアアップを図れば良いのでしょうか。

測量士補がキャリアアップするには「測量士」を取得する

測量士補として就職したら、ある程度経験を積みましょう。そして、測量士の資格を狙うのです。建築業界などの就職先では、測量士補として十分活躍できます。しかし、やはりキャリアアップを図りたいのであれば、さらに上の資格を狙うほかありません。就職先にもよりますが、測量士になると手当が付くところもあるようです。

取得しやすく求人も多いため測量士補は就職に有利になり「測量士」を取得してキャリアアップする

測量士補が就職に役立つ理由とキャリアアップ方法について見てきました。いかがでしたか?測量士補は、測量士の指示に従って作業する立場に当たる人を言います。そして、測量士補が就職に有利になる理由としては、比較的取得しやすく求人も多い、などが考えらからです。業界で活躍する測量士たちは、ほとんどの人が測量士補を取得してから就職しています。測量関係の仕事に就職したいなら、まずは測量士補の資格から狙ってみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK