知っておきたい物流業界の市場規模と動向

物流業界

今後の物流業界はネットの領域が拡大すると予想されている

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「ネット配送で潤う物流業界ですが、今後どのように変化していくと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • アマゾンに見られるように工場での人の雇用が減って行き、最小限の人材しか働かないと思う。
  • ネット販売に参入する業界は今後さらに増えて物流はさらに潤うと思う
  • ドローンなど人が運転しない流通が進んでいくと思う
  • ネット配送の需要はますます拡大すると思う
  • さらにネットで何でもできる時代になると思います。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール

■調査日時:2017年3月6日

■調査元:ポート株式会社

■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生

■質問内容:「ネット配送で潤う物流業界ですが、今後どのように変化していくと思いますか?」

就活生へアンケートを行った結果、今後の物流業界はネットでの領域が広がるのに対して、雇用が縮小化するのではないかと考えられています。どちらも既に兆候が表れていることなので、就活生はそこに目をつけたといえるでしょう。近年はドローンなども開発され、機械による商品管理が積極的に行われています。今後、物流業界はどうなるのでしょうか。本ページでは、物流業界の市場規模と動向を見ていきましょう。

物流業界の市場規模は26兆円

Gahag 0088473936 1

全日本トラック協会によると、トラック、鉄道、外航海運、航空、倉庫などの物流事業全体の市場規模はおよそ26兆円だそうです。このうち、トラック運送事業の市場規模は全体の約6割を占めています。トラックが、いかに身近で需要が大きい存在であるかが分かります。

トラック運送事業では若者の労働力不足が問題

物流業界の市場規模において高い割合を誇るトラック運送事業ですが、近年では就労者数の減少が問題視されています。40歳未満の若い就業者数は、全体の約30%と低い水準です。中高年男性の労働力に依存している部分があり、若者の労働力が不足しています。

ネット通販の成長により物流業界の需要も増加

ネット通販の急成長により、配送事業の需要が増加しています。各運送会社が配送拠点の拡張をするなど、利用者のニーズに応える動きが活発化しているのです。スマートフォンの普及により、誰でも気軽にネット通販を利用するようなってきました。これからの物流業界には、より効率的で高速なシステムの導入がのぞまれるでしょう。

物流業界には安全に業務を遂行できる人物が求められる

物流業界において、求められる人物とはどのような特徴があるのでしょうか。まず、安全に日々の業務を遂行できるということがいちばんと言えます。トラック運送業などにおいては、いつ事故が発生するか分かりません。事故を防ぐ心掛けと、責任感が大切です。そして、ネット通販などにおいては高齢の利用者の増加も見込まれます。高齢の利用者に対する心配りと、コミュニケーション能力も求められるでしょう。

物流業界の市場規模はネット通販が成長してい!今後も拡大が予想される

物流業界の市場規模と動向についてみてきました。物流業界は、生活に欠かせない業界と言えます。トラック運送業などは、ネット通販が普及する現代において欠かせません。これからもネット通販の利用者増加は見込まれるため、物流業界においても配送拠点の拡大やきめ細やかなサービスなどが求められるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月11日ビジネス