専門商社で働きたい人は必見の営業職の仕事内容

営業職, 専門商社

専門商社とは

Businessman 449927 640

専門商社とは、繊維や鉄鋼、自動車部品など、特定の分野の事業を専門に扱う商社のことです。総合商社とは、事業分野が広い商社を指します。つまり、日本に数社ある総合商社以外の「普通の商社」は、すべて専門商社ということになります。

専門商社は、BtoBの企業間取引の仲介を主に行っており、専門商社の社員には「専門」という名に恥じない、高度な知識が必要となります。

有名な専門商社

特定の分野に特化した商社を、専門商社といいます。

専門商社として有名な企業は以下の通りです。

JFE商事

イトーキ

キヤノンマーケティングジャパン

東京エレクトロン

長瀬産業

日本紙パルプ商事

リコージャパン

アルフレッサホールディングス

岩谷産業

専門商社の営業の仕事

専門商社の営業職の仕事内容は、自社が仕入れた商品を他社に売り込むことです。そのため、専門商社の営業職には、仕入れた商品の高度な知識が必須となります。顧客にとって本当に必要な商品であるか、どういった有意性があるのか、などの商品の専門知識を持っていなければ、商談が成り立ちません。

ルート営業から商品データの入力・納期管理・入金管理などの細かい仕事まである

専門商社の営業の仕事には、商品データの入力や納期管理、入金管理など、細かい仕事が多くあります。専門商社の営業はルート営業が中心です。取引先から継続した受注はありますが、商談では短時間での交渉と判断が求められるので、難しいと感じることもあるでしょう。

さらに、顧客は他の専門商社でも見積書を取っていることが多く、対応が一日遅れると他の専門商社に受注が決まってしまうことも多いのです。

また、専門商社の営業に欠かせないのが知識です。顧客もその分野の知識が豊富な人ばかりですから、新人でまだ知識が浅い時期は苦労するでしょう。

専門商社の海外営業について

専門商社の営業では、海外で仕事をすることも珍しくありません。専門商社の海外営業を目指すなら、一般的な語学力に加え、商品を説明するための専門用語も身につけなければなりません。

Macbook 336704 640

海外営業の仕事例

機械系の専門商社の、海外営業の仕事内容を例に挙げましょう。

主な仕事は、ヨーロッパ製食品加工機械の営業と新規開拓営業、見積もり作成、受注交渉です。メーカー主催の営業講習会に参加したり、国際展示会に出席する機会もあります。

海外営業は、国際感覚を磨き、最新のテクノロジーを扱うやりがいのある仕事と言えます。

専門商社の営業は高度な知識が必要で商談からデータ入力などの事務仕事まで行う

専門商社における営業の仕事内容についてご紹介しました。

専門商社の仕事内容は、ルート営業や取引先との商談、商品データの入力、納期管理、入金管理などです。

さらに専門商社の営業には、高度な知識が必要となります。取引先はその分野の知識を豊富に持つ人が多いですから、新人で知識も経験も乏しい時期は苦労することも多いでしょう。

また、海外での営業を希望するなら、専門知識に加えて語学力も欠かせません。一般的な語学力と、専門用語も覚える必要があります。

専門商社の営業は高度な知識が求められる仕事ですが、最新の商品やテクノロジーを扱うことにやりがいを感じるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職