企業の制服が与えるイメージと賛否両論の声

2016年11月29日制服マナー

なぜ企業には制服があるの?

Person 801829 640

制服がある企業がありますが、なぜ女性だけ制服なのか、不思議に思った人も少なくないと思います。ここでは、企業が制服を採用する理由を考えてみましょう。

女性の私服をビジネスシーンで統一させるため

男性のビジネスといえばスーツなので、特に制服を着せる必要性はありません。男性のスーツといえばビジネスに適した私服という定番の考え方があるからです。

一方女性は、私服といっても多種多様な服装があるので、その中でビジネスに適したものと適していないものを判断するのが困難なのです。

女性=事務員という昔のイメージが残っている

女性にも一応スーツはありますが、男性よりは歴史的に浅く、昔は女性=事務員というイメージがあったので給料も安くわざわざスーツを買わせるのは負担になるという意味でもあったそうです。

会社のイメージに影響をあたえる制服のチカラ

ある会社やお店のことを思い浮かべてみると、割と最初の方に制服をイメージします。それだけ制服は、会社のイメージに影響を及ぼしているのです。

ここでは、企業の制服が与える会社のイメージについて見ていきます。

企業を表現する顔として会社の認知度を高める

サービスを目的とした接客業務の際、第3者にひと目で、立場や業務目的を伝えることができる象徴性の高さは制服のメリットのひとつです。

デザインを統一したオリジナルなユニフォーム・制服は、その企業イメージを表現した顔であり、認知度を高めるための大切な要素となります。

企業の制服に関する賛否両論の声

企業の制服に関して、様々な意見があるようです。会社のイメージ作りに一役買っている制服ですが、廃止すべきだという声も。

企業の制服の賛成派と反対派、それそれどんな意見があるのかを見てみましょう。

Bodyworn 794112 640

制服賛成派は「気を遣わない」という意見

■洋服代がかかる

(通勤用のス-ツと他に靴・なども)

■年齢が上だと若い人が着るような安いスーツも着れない

■いずれ競争やお互いの服装のチェックとかが起きそう

■制服だと気持ちの切り替えが出来て良い

制服反対派のほとんどは「楽」という意見

■面倒な着替えが無くて良い

■暑さ寒さに臨機応変に出来て快適、節電

■制服を洗わなくて良いので洗濯物が減る

企業の制服が与えるイメージは会社の顔として認知度を高める!

企業の制服が与えるイメージと賛否両論の声について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

企業の制服が与える会社のイメージは、「顔」そのものです。会社の制服を着用しているということは、会社の看板を背負っていると言っても過言ではないでしょう。

制服の反対意見、賛成意見は様々ですが、制服の方が印象がいいことは間違いありません。

不景気で、企業の制服が廃止になっているようですが、なくならないでほしいですね。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職

Posted by BiZPARK