介護保険における初回加算の種類と算定条件について

2017年7月6日介護保険

介護保険の初回加算には3種類ある

%e9%9b%bb%e5%8d%93%e3%83%a1%e3%83%a2%e5%b8%b3

介護保険の初回加算には3つあります。

1つが初回加算です。利用者がはじめて訪問介護事業所を利用する場合です。新規の利用とも言います。

2つめが、介護予防支援初回加算です。今まで要支援者の認定で介護予防サービスを利用していた方が、要介護者の認定となり介護保険サービスの利用をはじめることになった場合に適用されます。また、今まで要介護であった方が要支援に変更になった場合も該当するでしょう。

3つめとして、過去2か月訪問介護サービスを別の事業所などで利用していて、改めて訪問介護サービスを利用しはじめる場合です。

初回加算の算定要件は2種類ある

介護保険の初回加算をする際の算定用件として、以下のようなものがあります。

・サービス提供責任者が自らサービス提供した

・サービス提供責任者が他のスタッフのサービス提供に同行することを、初回もしくは初回の属する月におこなった

これらが、初回加算の算定要件となります。

介護保険の介護予防支援初回加算には2つの条件がある

こちらの介護保険の初回加算は、先にお伝えした加算と内容は同じなのですが、条件が変わってきます。条件は2つあります。1つめは、要介護で居宅サービス計画(ケアプラン)を利用していた利用者が、要支援となり、地域包括センターから居宅介護支援事業者が委託を受け、新規で介護予防サービス計画を作成する時です。2つめは、利用者が引越しなどにより介護予防支援事業所が変わった場合が挙げられます。この2つは共に初回加算が可能になります。

再契約などの際は初回加算を算定できない

この時注意しなくてはいけないのは、単に地域包括支援センターから委託を受けたというだけでは加算はできない点でしょう。委託を受けたということではなく、新たに担当した際に算定されるからです。また、契約期間が終了してから改めて契約を結んでも、初回加算はできません。この介護保険の初回加算が算定できるのは新たに担当した時だけです。算定の際はご注意ください。

介護保険の初回加算はケアマネージャーが変わっても算定できる場合がある

介護保険の初回加算は、ケアマネージャーが変わっても算定できる場合があります。居宅介護事業所を変更したがケアマネージャーが変わっていない時、この時は居宅介護事業所が変わったということで、介護保険の初回加算が算定できます。ただ、居宅介護事業所の変更はないが、担当するケアマネージャーが変わり、新規のケアマネージメントをはじめた、という場合は介護保険の初回加算は算定できません。これは、ケアマネージャーは変わっても介護事業所自体が変更になったわけではないからです。

ケアマネージャーは二度目以降でも初回加算を算定できる場合がある

また、ケアマネージャーに関しては、過去に受け持ったことがある利用者を、改めて受け持つことになった場合にも、介護保険の初回加算を算定できる場合があります。こちらの条件は2ヶ月以上居宅介護支援費が算定されていないときになります。

ケアマネージャーが変わっても初回加算が算定できるといっても、上記のような条件がありますので十分注意しましょう。

介護保険の初回加算にはいくつかの種類と算定に関わる条件がある

介護保険の初回加算には初回加算と介護予防支援初回加算の2つがありますが、どちらも事業所が新たにサービスを開始した場合だけ初回加算を算定できます。ケアマネージャーが変わった場合にも初回加算が算定できますが、こちらも事業所が変更になっていることが条件となるため注意しましょう。ただし、過去2ヶ月利用がなかった場合、新規の利用として初回加算の算定ができます。このように介護保険の初回加算の算定にはいくつかの条件がありますが、基本は事業所を変更した場合には適用されるでしょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月6日転職

Posted by BiZPARK