社内公募制度の注意点とは?応募前に見ておきたいメリット・デメリット

社内公募

志望動機が重要?社内公募とはどんな制度なのか

People sitting 690317 1280

社内公募制度は、人事異動の一種です。しかし、志望動機があれば誰でも応募できる点や、面接で決めていく点が、通常の人事異動とは異なります。

一般公募と社内公募で大きく違う点としては、企業が求めている人材とマッチする人材をポストに置く事ができる可能性が高いという点です。しかし、社内公募制度は単純ではありません。

社内公募は適材適所の配置するための制度

人事異動は、会社の上層部から一方的に発令されるものであるのに対して、社内公募はその名の通り、社内で異動したい人を募る制度の事です。別の部署・部門に、異動でスキルアップを目指したいという社員を募る事を言います。

社内で求めてる人材がいる部署を公表することと、その部署で働きたいという人がマッチした場合に成立するのです。社内公募は、内部ジョブポスティングとも言われており、適材適所に社員を置くためのシステムなのです。

社内公募制度では双方が合意すれば異動が成立する

社内公募制度は、人材需要のある部署・部門が社内に対して募集を行い、応募してきた社員と面接で志望動機を聞き、双方が合意すれば異動が成立します。

社内公募は、仕事内容と社員の技量を元に適材適所の配置になることを目指しています。人材管理をする上で、社員が最適な仕事に携わることが狙いです。

社内公募のメリットとデメリット

社内公募の仕組みに関して面接で志望動機を聞いて、双方合意がすれば成立というのはご理解いただけましたでしょうか。しかし、社内公募はメリットばかりではありません。

社内公募を利用する上での、デメリットもあります。事前にそれらを把握した上で、社内公募を活用すべきかどうかの判断を下しましょう。

社内公募のメリットは『モチベーションアップ向上』にある

社内公募を行うメリットは、志望動機と受け手が噛み合った時の需要と供給のバランスがマッチする事でしょう。

社内公募を活用する事により、モチベーションアップにも繋がります。もちろん働きたい場所で働けるという、大きなメリットもありますよね。いろいろな部署で働く事は、経験を積むという事でもあるので仕事環境を改善したい社員にとっては、この上ないメリットと言えるです。

社内公募のデメリットは『人間関係の悪化』

社内公募のデメリットは、人間関係の悪化です。

社内公募に手をあげて志望動機が通り、希望の部署に異動したとして、元々居た部署の人はどう感じるでしょうか?人員が埋まらなければ、仕事量は増えます。そもそも社内公募を利用する目的が、キャリアアップでなく、現状の仕事環境からの逃避である可能性もあり、社内公募もマイナスにはたらいてしまうデメリットがありますので、注意が必要かもしれません。

社内公募を利用したキャリアアップとは?

社内公募はキャリア形成に有意義な制度であると言えます。

社内公募を導入している会社側からすると、社員が挑戦したい仕事に手を挙げてくれるのは、非常に嬉しい事でしょう。そうした意欲的な社員は魅力的に見えますし、社内の活性化や刺激にも繋がります。

こうした意図も踏まえた上で、社内公募を積極的に導入する会社も増えているのです。

Cooperation 437513 1280

社内公募が成功すると社員力向上にもつながる

社内公募は個人のキャリア形成も含め、より効果的な人材マネジメント戦略を行い、最低限必要な知識が保持できるよう変革をおこなうことで、部門の原動力となる知識を維持することが可能となります。

人事部として、会社全体のバランスを考えて公募制度を効果的に活用することで、社員力向上するでしょう。

社内公募は相互同意による人事異動!スキルアップのメリットはあるがデメリットとして周囲との摩擦が挙げられる

社内公募制度のメリットとデメリットは参考になりましたでしょうか?これで質問されても問題ありませんね。

現在のビジネスシーンでは、多様な職種やその働き方など一昔からみるとめまぐるしく変動しています。今回の様な、社内公募などは直近にビジネスシーンで導入された制度ですが、今後もこういった形のシステムのような制度は生まれてくるでしょう。

志望動機を持って、面接で伝えられれば、キャリアアップに繋がります。社内公募はビジネスシーンで必要になってくるはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月26日転職