ITパスポートを受験する人にオススメの勉強法2つ

2017年1月16日ITパスポート

ITパスポートの勉強法①:テキストを読む

Cc

国家資格であるITパスポートを取得しようとした際に、まず行うべき勉強法は「テキストを読むこと」です。ITパスポートの試験で求められる知識は幅広いので、まずは各分野についての理解が大切となります。必要知識がまとめられているテキストなどを購入し、通読してみると良いでしょう。そうすることで、「どんな問題が出されるのか」という範囲の把握にも繋がるのです。

最初に2回読んでおくと内容が理解しやすくなる

この勉強法でのポイントは、最初に2回テキストを読むことです。1回目はすっと流し読みをして、全体的な内容を掴みます。そして2回目にはじっくりと時間をかけて、内容を理解しながらテキストを読み進めると良いでしょう。そうすると脳内での理解がしやすく、2回目を読み終わる頃には大体の内容が掴めてくるのです。テキストを読む勉強法を行う際には、ぜひ試してみてください。

ITパスポートの勉強法②:過去問を解く

2つ目のITパスポートの勉強法は、「過去問を解くこと」です。実際に試験問題を繰り返し解くことで、本番で慌てずに落ち着いて取り組むことができます。様々な過去問を繰り返し解けば出題傾向も見えてくるので、対策がしやすいでしょう。間違った部分には何かマークをつけておくと、後で見返す際にも便利です。

苦手な部分を見つけたら集中して取り組む

この勉強法では、苦手な部分に集中するのがポイントです。範囲の広いITパスポートの試験問題では、人によって得意・不得意が出てきます。ですので、自分の苦手な部分を見つけて集中的に行うことで、点数を落とさないようにしましょう。また、余裕があれば得意な部分を磨いておくのも大事です。得意な部分で必ず点数を取れるようにしておけば、合格できる確率もぐっとあげられるでしょう。

ITパスポートの勉強法ではテキストと過去問を駆使しよう

ITパスポートの勉強法としては、テキストを読むことと過去問を解くことが挙げられます。まずは、テキストで大まかな出題内容を理解することが大切です。そして、過去問でその理解を深めるのが良い勉強法となるでしょう。国家資格でもあるITパスポートは範囲が広く、勉強せずに挑めば合格する確率は高くありません。そのため、テキストと過去問を活用した勉強が求められるのです。ぜひこれらの勉強法を把握しておき、ITパスポートの資格取得を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年1月16日ビジネス

Posted by BiZPARK