ITパスポートが就職に与える影響~試験の概要と資格保有がどう有利になるのかを解説

ITパスポート

ITパスポートとは

ITの基礎知識を証明する国家試験

C59d78fa865b27a8

ITパスポートは、ITの基礎知識を証明できる国家試験です。IT化の進む現代社会において、ITが企業経営に不可欠なものとなってきています。不可欠だからこそ、企業は積極的にITと経営全般に関する知識を持った人材を求めているのです。組織全体のIT基礎知識向上のために、社員教育の一環として活用もされているのが「ITパスポート」となります。

試験内容と出題範囲

ITパスポートは、120分の試験で、四択問題が合計100問出題されます。出題分野はストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3分野です。これらはさらに、下記の大分類に分けられます。

ITパスポートの出題範囲の大分類

ストラテジ系・・・企業と法務、経営戦略、システム戦略

マネジメント系・・・プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、開発技術

テクノロジ系・・・基礎理論、コンピュータシステム、技術要素

試験はパソコンを利用したCBT方式

試験は土・日・夜間も含め、随時おこなわれていて、試験申し込みや結果の確認もパソコンでできます。受験日前日の正午まで申込みが可能です。

試験は、コンピュータを利用したCBT(Computer Based Testing)方式でおこなわれ、受験者は試験会場に用意されたコンピュータを使い、表示された試験問題をマウスやキーボードを用いて解答します。

ITパスポートを取得するメリット

幅広い分野の基礎知識が得られる

C16c8a1dcde9b54f

ITパスポートを取得するにあたり、社会人として持っていたい基礎知識が学べます。これは、出題分野がIT技術、IT管理から経営分野と多岐にわたるからです。

IT関連として、情報セキュリティや情報モラルに関する知識が得られます。これらの知識は身につけておいて損はありません。最近、個人や企業を狙ったサイバー攻撃が激しくなってきていることから、今後セキュリティの分野はますます重要となってくるでしょう。

また、企業コンプライアンス・法令遵守に貢献する正しい知識や、経営戦略・財務など経営全般に関する基礎知識も得られます。

IT力向上とコンプライアンス強化につながる

企業リスクのひとつに、「機密情報の漏えい」、「個人情報の漏えい」があります。これら情報漏えいの原因は、社員のシステム誤操作、部門内での確認漏れ・管理不徹底など、人的ミスによるものが多いのです。ITとコンプライアンスに関する知識をバランスよく身につけておくと、これらの防止のために役に立ちます。

ITパスポートは就職にどう役立つのか

就職の選考に有利とはいえない資格

Da2527adb9dc81e7

資格が選考時に考慮される対象となるのは、その資格が専門性を有するものとして考えられる場合です。たとえば、看護師や保育士などの専門職の資格や、経理部門で働くのであれば簿記の資格などがそれに当たります。しかし、ITパスポートは、社会人に必要とされるIT系の基礎知識を持っているのか証明するものです。ITパスポートの知識は、どのような職場でも役立つものですが、その資格自体は基礎知識を証明するくらいしか効力がありません。したがって選考時に有利な資格とはいえないのです。

就職後にITパスポートが活きる

しかし、ITパスポートの資格を持っていて、マイナスになることはないでしょう。この資格を得るために勉強しなければならないITの知識や経営知識は、活用できる場面が多いからです。

この知識があれば、就職後に経営やコンプライアンス、情報セキュリティに関する研修を受けた場合も、スムーズに理解することができます。ITパスポートで得られる知識はコンプライアンスやセキュリティについてもカバーしているので、就職先がITとは無縁に思える企業であった場合でも、必要になる場合があるのです。

その後のスキルアップにもつながる

ITパスポートの受験をきっかけに、その上のランクの情報処理技術者試験や情報セキュリティマネジメント試験にチャレンジすると、スキルアップにつながり評価が上がるでしょう。特にセキュリティに関しては、今後ますます注目される分野であるため、この関係の資格を持っていると大変重宝がられます。

ITパスポートはITの基礎知識を得られるため就職後にも役立つ

ITパスポートはITの基礎知識を証明できる国家資格です。ITパスポートを取得することで、ITから経営の基礎知識まで身につけることができます。ITパスポートの受験をきっかけに、その上のランクの情報処理技術者試験や情報セキュリティマネジメント試験にチャレンジすると、スキルアップにつながります。どんな業種の企業であっても、ITの基礎知識を持っている人は必要とされていますので、ITパスポートは取得しておいて損はないでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年8月28日ビジネス