証券アナリスト試験の内容と効率的な勉強方法

証券アナリスト

証券アナリストは証券投資情報の分析や金融商品の評価を行う

Office 594132 1280

証券アナリストは証券投資情報の分析と投資価値の評価、情報提供、投資推奨、投資管理をする人のことです。証券には株だけでなく、為替、債券(社債・国債)、デリバティブ、仕組み債、REITなど様々な金融商品が含まれます。証券を分析するため、証券アナリストは自分の専門分野をもっている場合が多いと言えるでしょう。その結果をレポートにまとめて報告し、公表するのが仕事です。試験に合格するには、どんな勉強方法を行っていけばいいのでしょうか。

証券アナリストは1次と2次に合格すれば取得できる

証券アナリストの試験を受けるには、証券アナリスト協会の通信教育を修了すれば、誰でも受験可能です。学生でも受験できます。試験は1次レベル、2次レベルに分かれておりどちらも合格すると資格が取得できるのが特徴です。難易度としてはやや高いので、自分に合った勉強方法を行っていきましょう。1次レベル、2次レベルの内容を知って効果的な勉強方法をするのがおすすめです。

1次レベルはテキストを使って基礎を学ぶ勉強方法がおすすめ

証券アナリストの1次レベルでは証券分析、財務分析、経済に分けられて出題されます。統計学、計量経済、会計、財務諸表、マクロ経済、ミクロ経済などの勉強方法としてはまず基礎を身に着けるのが大事です。こういった経済や会計の問題は基礎的な知識が無ければ、問題を解くのは難しいでしょう。勉強方法として、主催協会が出版している全9冊のテキストを使うのがおすすめです。テキストで理解しいにくい点があれば、市販の参考書を使った勉強方法を行うと良いでしょう。経済に関しては漫画のように描かれた参考書も多くあるので、わかりやすいと言えます。

2次は応用問題が中心なので参考書を使って理解する

証券アナリストの1次レベルとの違として、「職業倫理・行為基準」「コーポレートファイナンス」の追加や科目名の変更があります。基礎が中心である1次と違って2次レベルでは応用力や創造力が必要です。勉強方法として、まずは1次の基礎を確実につけた方がいいでしょう。また、証券アナリストの2次試験は応用問題なので、テキストだけではなく参考書を利用する勉強方法がおすすめです。参考書なら図解で解説しているものもあります。

通信講座や資格学校に通う勉強方法もおすすめ

証券アナリスト試験の勉強方法として、参考書やテキストを使うだけでなく通信講座や学校に通う勉強方法もあります。通信講座を利用した勉強方法だとほぼ独学となりますが、学校に通えば授業や模擬テストが受けられるのでおすすめです。また、同じく証券アナリストの合格を目指す方もいるので効果的な勉強方法について教えてくれるかもしれません。実際、学校に通って取得する方も多いです。

合格までにそれなりの費用がかかるので注意

証券アナリスト試験に向けて通信教育講座や学校を利用するとなると、それなりに費用がかかってきます。試験当日までを考えると、数十万円は覚悟しておいた方が良いでしょう。通信講座ならまだ安く済みますが、学校に通うとなるとそれなりの費用が必要です。自分にあった勉強方法で進めていきましょう。

証券アナリストに合格するには通信講座や資格学校に通う勉強方法がおすすめ

証券アナリストに合格するには、まず何が出題されるのかを確認しておきましょう。1次は基礎的な内容ですが、2次は応用問題が中心となります。テキスト、参考書を使った勉強方法だけでなく、通信講座や資格学校に通うのもおすすめです。授業などを受けたり、同じく合格を目指す人が近くにいたりすれば、より効率的な勉強方法で対策を進められます。自分に合った勉強方法を見つけて合格を目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス