証券アナリストの魅力とは?転職や就職でオススメしたい理由

2017年7月18日証券アナリスト

証券アナリストの魅力とは

Analysis 680572 640

まず最初に、証券アナリストの魅力について説明しましょう。

証券アナリストとは、経済の流れや企業の財政、経営成績などの状況をデータを元に分析して、株式等に投資をする価値があるか評価する仕事をおこないます。証券アナリストの調査対象は主に「経済全体・証券市場・個別企業」の3つです。個別企業を専門に扱う証券アナリストは、実際に企業に足を運んで、情報収集のために取材する機会もあります。

魅力は業界問わず証券アナリストの需要が高まっていること

近入試上の急激な変化に伴い、資格試験でも問われる専門知識を持つ証券アナリストは、証券会社や銀行を筆頭に生命保険や損害賠償保険、商社や一般企業の財務部門など多岐に求められています。証券アナリストの魅力とは、業界問わず需要の高い専門職である点でしょう。

証券アナリストをオススメする理由は「高額な年収」「活躍の場が広い」

株式市場の拡大と成熟につれて、証券アナリストへの注目は高まっています。近い将来には会社に雇用されない、フリーの証券アナリストが増えると予想されています。また、証券アナリストの平均年収は600~700万円であり、1,000万円以上という人も珍しくありません。

高学な年収、そして活躍のフィールドが拡大し続けているという3つが、就職や転職に悩む人に証券アナリストをオススメする理由です。

証券アナリストになるには大学・短大で経済関連の学部学科を卒業していると有利

証券アナリストになるには、大学や短大で経済や商業、経営学を学ぶ学科や学部を卒業すると有利です。卒業後は証券会社や銀行などに就職を目指しましょう。人気の業界なので、就職試験は難関と言われています。その後、証券アナリストの資格を取得するのが望ましいでしょう。

資格試験は経験を積んでから受けた方が良い

証券アナリストは無資格でも活躍できますが、信用が大切な職業なだけに資格を取得しておくと有利。

証券アナリストの受験資格は、日本証券アナリスト協会がおこなう「通信教育講座」を受講することで得られます。1次試験は「証券分析とポートフォリオ・マネージメント」「経済」「財務分析」の3科目。合格すると2次試験に進みます。2次試験に合格し、実務経験を3年以上積んでから証券アナリストの資格を取得することができます。

大学在学中での受験は可能ですが、ハイレベルな知識が必要となるため、金融機関に就職して経験を積んでから試験をうけるのが一般的です。

証券アナリスト職に向いている人とは

最後に、証券アナリストに向いている人、適性がある人について説明します。興味のある仕事に就くためには、適性も重要です。興味のある仕事に就いたとしても、適性がなければ続けるのはかなりつらいでしょう。適性の有無を見極めるのも、転職活動や就活において欠かせません。

Business 723480 640

好奇心旺盛で世の中の動向に興味がある人

証券アナリストに向いているのは、好奇心が旺盛で世の中の動向に興味、関心がある人です。数多く存在する経済、金融市場のデータを集めるための情報収集能力や分析力は必須。統計学や数学に強いと有利でしょう。

「調査・分析が好き」と言う人は証券アナリストに向いていない

「調査することや分析が好きだから証券アナリストになりたい」

このような理由で証券アナリストを志望する人は一定数います。しかし、調査や分析が好きというだけでは証券アナリストはオススメしませんし、適性があるとは言えません。

なぜなら、証券アナリストにとって調査や分析は、あくまでも金融市場を把握し、有効な投資の機会を見極めるためだからです。調査や分析は好きでやっているわけではなく、あくまでも一つの手段として行っているのです。

「調査や分析が好き」という人は、その行為自体が好きであり目的であるため、調査と分析をした段階で満足します。証券アナリストはさらにその先を考えなければなりません。

魅力は需要の高さ!証券アナリストに就職・転職するならまずは金融機関に勤めよう

証券アナリストの魅力、転職や就職でオススメしたい理由について説明しました。

証券アナリストになるには実務経験が必須です。証券アナリストを目指すなら、金融機関への転職、就職しなければなりません。金融業界はかなり人気が高いため、採用選考はかなり厳しいものになるでしょう。企業研究や自己分析などの対策をしっかり行い、証券アナリストになるための第一歩を踏み出してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月18日転職

Posted by BiZPARK