営業マンがネクタイの選び方で意識すべき注意点【柄・色】

営業職

営業マンがつけるネクタイの柄①:勝負の日に黄色やチェック柄は避ける

Neku

営業マンがネクタイを選ぶ際に意識する柄や色の注意点として最初に言えることは、勝負の日・商談の日などには、黄色やチェックの柄は避けるようにするということです。黄色やチェック柄のネクタイには、実は、場を和やかに軽やかにさせたり、リラックスしたカジュアルな印象を与えたりする効果があります。

商談や取り引きでチェック柄のネクタイだと信用が下がる

営業でもし大切な商談や取り引きに伺う日に、そのようなカジュアルで軽やかな印象を与えてしまったら、なんとなく信用度が下がります。ですから、営業マンは、勝負の日には、黄色のネクタイやチェック柄のネクタイはしないようにしています。黄色のネクタイや、チェック柄のネクタイは、営業の勝負の日ではなく、もっと打ち解けたいと思っているような方と会う時に着用すると良いですね。

営業マンがつけるネクタイの柄②:初対面で赤とストライプはNG

営業マンがネクタイを選ぶ際に意識する柄や色の注意点として次にいえることは、初対面の方と会う時のネクタイの柄として、赤系のネクタイや、ストライプ柄を選ばないようにするということです。赤系のネクタイや、ストライプ柄にはエネルギッシュでアツい印象を与える効果があります。しかしその反面、誠実さや落ち着き、信頼度などにはかけるところがあります。力強さや勢いのよさでは初対面の人にはいい営業をかけることはできないでしょう。

プレゼンテーションなどで赤やドット柄は本領発揮

信頼度に欠けるような印象を与えるようなストライプ柄や、赤系のネクタイは、二回目に会う時や、最後に勢いで押し切る場合、もしくは社内のプレゼンテーションの際などに使用すると良いでしょう。抜群の威力を発揮してくれるはずです。

営業マンがつけるネクタイの柄③:青やブラウンやドット柄は初対面の相手に

営業マンがネクタイを選ぶ際に意識する柄や色の注意点として気になることはまだあります。それは初対面の時にはどんなネクタイを使用すれば良いのかということです。答えは、青系のネクタイや、ブラウン系のネクタイ、小さなドット柄のネクタイになります。それらの色・柄のネクタイには、相手に落ち着いていて誠実な人物だという印象を与える力があります。誠実な印象を与えられれば、信頼を勝ち取るきっかけに役立ちます。

営業マンはネクタイの柄を使い分けるのがポイント

初対面の印象というのは大切ですから、できる営業マンはそういう際にこれらの柄のネクタイを選ぶのです。逆に盛り上げたい時や、アクティブで熱い印象を残したいときにそういう柄のネクタイを見せるといい印象を与えないので注意です。最初の営業の際には青やブラウンや小さなドット柄。ちょっとした会食や接待で、黄色やチェック柄。最後の一押しで赤やストライプ柄というように使い分けると、できる営業マンに近づけることでしょう。

営業マンがネクタイの柄を選ぶ際は仕事の業務に合わせて柄を使い分け相手に好印象を与える

営業マンがネクタイを選ぶ際に意識する柄や色の注意点としては、以上の事が言えます。自分の与えたい印象や相手との関係性に応じてネクタイの色や柄を使い分けられるようになってこそ一人前の営業マンです。是非これらのことを覚えて、使い分けましょう。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス