営業が苦手な人は試すべし!克服するためのポイント

営業職

苦手な営業職を克服するためのポイント①:「無駄話」

Boy 666803 640

人付き合いが苦手な営業職はまず克服のため、コミュニケーション能力を磨く必要があります。一にも二にもコミュニケーション能力を磨いて、相手に好感を持ってもらえるようなコミュニケーションができるだけのスキルを身に着けることが必要になります。特に話ベタな人はまず無駄話、つまらない話でもいいので積極的に会話をしてみることにしましょう。話ベタな人は面白い話やためになる話をしようとして、会話が進まなくなるケースが多くみられます。そのため、克服はまず、無駄話からスタートしましょう。

苦手な営業職を克服するためのポイント②:「アイコンタクト」

人付き合いが苦手な営業職はコミュニケーションの中でアイコンタクトを行うことを意識してみましょう。アイコンタクトのポイントは何となく相手の目を見るのではなく、しっかりと相手の黒目を見ることがポイントであると言われています。したがって、克服のためには、そのように相手の黒目をしっかり見つめてアイコンタクトをするようにしましょう。

苦手な営業職を克服するためのポイント③:「うなずき」

人付き合いが苦手な営業職は克服にため、うなずきをコミュニケーションに入れることを心がけましょう。学生はうなずきが少ないのに社会人相手に話すとうなずきが途端に多くなるという例があります。これは社会人はうなずくことがコミュニケーションにおいてどれだけ重要かということを理解しているためであるといえます。相手との良好なコミュニケーションを進めたいのであれば、うなずくことを意識しましょう。

苦手な営業職を克服するためのポイント④:「語尾」

人付き合いが苦手な営業職は会話する時に語尾を上げることを意識してみましょう。最後に「♪」がついているようなトーンで会話をすると相手も会話に乗ってくるということが言われています。相手と楽しいコミュニケーションをして良好な人間関係をつくっていくためにはこの語尾を上げて、楽しい雰囲気を演出するということも積極的にコミュニケーションの中で行っていきたいポイントになります。

苦手な営業職を克服するためのポイント⑤:「共通点」

人付き合いが苦手な営業職はコミュニケーションの中で共通点を見つけることを意識するのも良いでしょう。初対面などで距離感が合った人とも「実は出身地が同じだった」、「同じ大学に通っていた」、「共通の知人がいた」などの共通点があると一気に仲良くなることがあります。このような共通点がどこかに無いかということを探して、共通点を見つけたらそこをアピールすることで一気に相手との距離を縮めることが出来ます。

苦手な営業職を克服するためのポイント⑥:「飲み会・イベント」

人付き合いが苦手な営業職のために必要なコミュニケーションのスキルを上記ではいくつか述べてきました。しかし、頭では分かっていても実際に練習してみないかぎり、このようなコミュニケーションスキルは中々磨かれません。そのため、人付き合いが苦手な営業職はこのようなコミュニケーションスキルを磨くために積極的に飲み会や人が集まるイベントなどに参加していくようにしましょう。

苦手な営業職は無駄話・アイコンタクト・うなずき・語尾・共通点・飲み会を意識して克服

人付き合いが苦手な営業職は克服するためにまずはコミュニケーション力を磨くことが肝要になります。コミュニケーションスキルを身に着けることで次第に良好な人間関係が築かれるようになり、結果的に人付き合いもうまくなっていきます。まずは上記で述べたようなコミュニケーションスキルを磨くためのコツをうまく会話に取り入れるように意識してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス