仕事での悔しい思いをバネに営業マンとして成長する方法

営業職, 成長

仕事に対する悔しい思いは成長の糧!

Portrayal 89189 640

営業マンが、仕事での悔しい思いを持つということは、非常に大切です。なぜなら、悔しい思いを持った時点で「成長段階」にあるのです。果たして、営業マンは仕事での悔しい思いをどのように活かせるのでしょうか。

悔しい思いをしたら、改めて自己分析を

悔しい思いをしたときは、自己分析をすることも重要です。今の仕事についた時からこれまでの道のり、自分のした仕事について「振り返り」を行い、具体的な事例をもとに分析するのです。

営業マンが仕事で悔しい思いをした時①原因を究明

まず営業マンが仕事で悔しい思いをした際、なぜそんな結果になったのか、原因の究明をしましょう。自分のミスが相手に大きな迷惑をかけたかもしれません。

原因を究明して、自分の行動を改めてみましょう。

落ち込まずポジティブになる

そして、ここで原因を究明したあとにネガティブになってはいけません。どうやってその原因を解決するか、今後の成長に大きく左右されます。

ここでポジティブに原因を捉えて悔しい思いを成長に変えれるか変えられないかの分かれ道です。

営業マンが仕事で悔しい思いをした時②目標設定を下げる

仕事の成長について悩んでいる人におすすめしたいのが「目標」に関する考え方です。「成長したい」という意識が強いと、どうしても大きな目標、高い目標を掲げがち。しかし、その目標は簡単に達成できるものではないため、余計に「自分は仕事の成長ができない」と感じてしまうのです。

Businessman 598033 640

デキる営業マンは自分との約束を守る

下げるということは、悪い意味に聞こえてしまいますが、あまりにも営業成績がついてこないのであれば目標設定を下げて、金額にとらわれずに「目標」を達成することを第一に考えましょう。

デキる営業マンは、自分との約束を守ります。やると決めたことはやるのがデキる営業マンです。

達成後に少しずつ上げていけば無理なく、そして自分に自信がつきます。

仕事での悔しい思いをした営業マンは原因究明・無理ない目標で成長できる

仕事での悔しい思いをバネに営業マンとして成長する方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

仕事で悔しい思いをすることはよくあります。そこで、ただただ落ち込んでいては何も変わりません。まずは自分を見直す一歩として自己分析を行いましょう。

そして、原因究明、無理のない目標設定で少しずつではありますが成長していきます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス