休日出勤の命令を拒否した場合はクビになるのか否か

休日出勤

突然の休日出勤命令は拒否できない!?

Quill 175980 1280

ものすごく忙しい時期やものすごく切羽詰っている状況でもなければ、いくら上司からの命令でも休日出勤なんてしたくありませんよね。そう思ったあなたの考えは正常です。しかし、中には休日出勤が日常化してしまっている職場も少なくありません。早急に対策を練って欲しいものです。

休日出勤を拒否出来るか否かは「36協定と就業規則」による

休日出勤を拒否できるか否かは、36協定と就業規則によります。36協定を締結し、就業規則に休日出勤を命じる根拠となる条文があるなら、労働者に労働義務が生じます。36協定、就業規則の根拠条文のどちらかが無ければ、拒否しても問題ありません。

休日出勤を拒否しやすくなる理由とは

Book 657637 1280

突然「休日出勤してくれ」と言われても、「はい、わかりました」と答えられないときってありますよね。でも、冠婚葬祭のように絶対に外れない用事があるわけではない…。みなさんはどうしているのでしょうか。いくつか紹介したいと思います。

引越しの手伝いは休日出勤を拒否するのに良い理由!

友人の引越しの手伝いがあるという理由は、効果があります。引越しの業者を探すにも日にちが迫っていますし、引越しは手伝いがいないと成り立たない場合が多いからです。引っ越しならば、休日出勤よりも重労働があってコイツも大変なんだ!と思わせる事が出来、断った結果の評価が下がりにくいです。

休日出勤を拒否したらクビを言い渡された!?

法的には、基本的に拒むことが難しい休日出勤ですが、どうしても会社に行くのが嫌で嫌で命令を拒否してしまうこともあると思います。しかし、時間外や休日労働に関して、就業規則に規定が有る場合、それに基づいて使用者が命令した場合は、訓戒・減給・解雇の対象とすることは可能です。

休日出勤の拒否で訓戒・減給・解雇の対象とすることは可能

業務量が膨大であれば、もはや一管理職の責任ではなく、組織全体の問題です。休日出勤を拒否する前に、自分で職場のあり方や将来を考えるのは大切でしょう。体調を崩すかもしれませんし、仕事以外の時間を楽しむことも出来なくなります。

休日出勤を拒否したらクビになる可能性も!言い訳は「引っ越し」を!

休日出勤を拒否したらクビを言い渡されるか、何らかのペナルティが考えられます。なので、もしどうしても休日出勤をしたくないのであれば、上司や会社を納得させる理由を用意するしかありません。また、休日出勤命令が頻繁であるのなら、転職を考えるのも一つの選択です。よく考えて、対応するようにしてください。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職