仕事でわからないことを人に聞けない場合の質問方法

仕事術

仕事でわからないことを人に聞けない理由は様々

Doubt 623847 640

仕事に慣れてない場合は特に、わからないことが多いのは当たり前ですが、その原因は人それぞれです。

先輩の性格が荒く「こんなものもわからないのか」という批判が怖くて聞けない、というケースもあるかもしれません。もしくは、仕事がわからないという事実を周囲に知られるのが嫌だという人もいるでしょう。また、仕事ができない人という判断をされそうで怖いと、必要のないプライドが邪魔をしたり、忙しそうにしている上司に話しかけるのは気が引けたり…といった思いまで、わからないことを人に聞けない理由は様々でしょう。

人に聞けない状態を放置すると仕事が進まない

しかし、仕事でわからないことがあれば、質問して答えをもらわないと仕事が進んでいかないのも事実です。後々の事を考えると、気が引けても"人に聞けない"という事態を脱出する必要があるのです。

仕事でわからないことを人に聞けない理由は様々でも、そのせいで自分が損をするという点は皆に共通します。

タイミングを逃すと質問しづらくなるという悪循環に…

仕事において、わからないことを人に聞けないままだと、自分自身をどんどん追い詰めてしまいます。そしてタイミングを逃すと、「今更こんなことを質問しているの?」と言われるのが怖いためますます人に聞けない状態に陥り、結果的にどんどん悪循環に入ってしまうのです。

そもそも人に聞けないままで進めていける仕事ならば、誰にも質問せずに済みそうですが、実際の仕事はそう甘くありませんよね。必ず質問をしないといけない場面が出てきます。

仕事でわからないことがある人は手間を取らせないようにする

まずは、仕事でからないことを聞こうとしても、そもそも「わかりません」という的を得ない聞き方では、質問された相手としても、手のつけようがありません。

仕事のわからないことに答えてくれる人も、自身の時間を割いてあなたに付き合ってくれているので、なるべく手間をかけないよう気を配るのがマナーです。

質問前に不明点を明確化して、端的に要領よく伝えよう

忙しい時間を割いて教えてもらうわけですから、不明点について要点をまとめておき、自分の中で把握してから確認するのが前提です。

そして、質問する内容を整理して端的に要領よく伝えようとすれば、必然的にビジネススキルを身に付ける絶好の機会になるので、是非意識したい点です。

わからないことを質問する時に意識すべき心構えとは?

仕事でわからないことを人に聞けないからといって、スキルのない人が独断と偏見で仕事を進めると、結果がどうなるかは火を見るよりも明らかです。ほとんどは、どうにもできない状況になってから上司にあわてて報告して、雷を落とされるというパターンになるでしょう。

上司からすると、大ごとになってから後処理に加わるような状況になるよりは、当然ながら小さな失敗の時点でフォローができる方が何倍も良いですよね。

どんな質問方法がいいのでしょうか?

仕事の質問はコミュニケーションを図る機会だと捉える

Person 857460 640

会社での仕事の質問は、周りとのコミュニケーションを図れる機会になりますので、そういった意識を持っておくのも大事です。これは質問の仕方自体に関する事柄ではありませんが、コミュニケーションを大切にするという姿勢を持っていれば、「人に聞けない」という弱みを克服できるでしょう。

人に聞けないならこまめに報告する癖をつけよう

自分の仕事の進捗状況を、順調にしろ順調でないにしろ、こまめに上司に報告するようにして、癖にしてしまえば、質問をする際のハードルが下がります。

現在の進捗状況を、上司の頭の片隅に常においてもらえば、わからないことが出てきたときに、すぐに全体を把握できるので上司も迅速に対応できるのです。

上司は部下が質問をしてくるのを待っている

部下の将来を考えて教育を行っている上司は、部下がどんどん質問してくるのを、むしろ期待しています。仕事での質問を通して、社員が成長するのを期待しているのは当然として、あなたがどういう人か、どのような考えを持っているのか、それを上司は知りたいと思っています。

考え無しではいけませんが、自分の知識では答えを導けないと判断した時点で、遠慮せずにわからないことは聞くように心がけましょう。

仕事でわからないことを人に聞けない場合は、端的に要領よく質問しよう!

仕事でわからないことを人に聞けない場合の質問方法について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

まず大事な点は、聞けないままでは仕事が始まないし、終わらないという点です。質問と回答を通して、仕事のやり方を覚えて考える力を養ってほしいと考えているのです。わからないことを聞けないではなく、積極的に聞きにいきましょう

仕事の質問=悪いことだとは決して思わず、タイミングを見て端的に要領よく質問をするようにして、自身のスキルアップを目指しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス