人間関係の悩みを内的要因と外的要因から分析して解決する方法

2016年12月8日人間関係

会社の人間関係の悩み

Gahag 0070447550 1

会社の人間関係で悩みを抱えている人は多くいます。同僚との人間関係、上司との人間関係そして部下との人間関係もあります。サラリーマンを経験した人なら誰しも悩む問題です。しかし、悩んでいるだけでは問題解決はしないのです。もちろん悩むことを忘れるためにストレス発散する方法もありますが、その方法では根本的には解決にはならないのです。悩みの原因を考えたい策を講じる必要があります。

日本の会社には協調性を望む会社が多くあります。郷に入れば郷に従えという諺もありますが、これが苦手な人ほど人間関係に悩むことになります。このような悩みはどこの世界にもあることですが、それが果たしていいことなのかどうかは疑問が残ります。

内的要因

人間関係で悩むことは多くありますが、その原因について考える必要があります。まずは内的要因について考えて見ます。考えることは自分自身を見つめなおして自己分析をするのです。自分自身を振り返ることで、人間関係を悪化させる要因が自分にあることに気づく場合もあります。

頭を柔らかくして解決を目指す

最初から「これはこういうものだ」と考えを決めつけてしまうと、いつまでも負のスパイラルから抜け出すことができません。少し視点を変えて「こういう考え方もアリ」という風に方向転換をしてみましょう。

そうすることで、今までモヤモヤしていたものも「なるほど」と思えることが生まれるかもしれません。理解できない人のことも、理解できるようになるかもしれません。柔軟な発想を心がけてみてください。

外的要因

人間関係で悩んだら、内的要因だけでなく、外的要因も考える必要があります。外的要因の対象となるのはほとんどが人間です。特に上司が要因となる人がほとんどのはずですが、その人物を観察し、そして分析をします。彼のどこに問題があるのかを分析するだけでなく、いいところもあるはずですので、いい面、悪い面を見つめてみるのです。

受け入れられる部分を探す

分析をした上で自分の対応の仕方を考える必要があります。相手を理解することで解決方法は見出せるはずです。どうにも納得できないときは、穏やかに相手に気持ちを伝えることも必要です。そうすることで相手の行動や言動が変わる場合もあります。

もちろん、相手の全てを受け入れる必要はありません。受け入れられる部分を探すだけで良いのです。ほんの少しのことが、変化のきっかけになれば、必ず良い方向に向かうはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月8日ビジネス

Posted by BiZPARK