上司を説得する方法は?タイプ別の対応策

上司

プライドの高い上司を説得する方法:何度もお願いする

Notebook 791070 640

まずは、プライドの高い上司を説得する方法について紹介していきます。上司の中には、プライドが高い上司はすごく多いです。こういう上司に対しては、ただ一回証明からお願いするだけではまず説得することはできません。では、こういうタイプの上司を説得する方法は、どのようなモノになるでしょうか?こういうタイプの上司は、何度もお願いして説得するべきです。

自尊心を満たす事で説得する

こういうプライドが高いという類の上司を説得する方法として、何度もお願いするのが良いのというのは、自尊心を満たせるからです。何度もお願いされると、次第に自分が偉く感じられるようになります。そうしてプライドが満たされると、ちょっとくらいいう事を聞いてもいいかなと思うようになるのです。ですから、こういうタイプの上司を説得する方法として、何度もお願いするというのが良いのです。

上下関係に厳しい上司を説得する方法:さらに上の人の意見を利用

上司の中には、自分自身に対してプライドが高いわけではないけど、上司という立場に以上に拘り、部下のいう事をあまり聞こうとしないタイプの立場至上主義の上司もいます。こういうタイプの上司を説得する方法として言えるのが、誰かの権威を借りて説得するという方法です。たとえば、有名な学者の方の意見や、社内のさらに立場が上の方の意見等を利用するのです。すると、そういう意見を聞いてくれるようになります。

自分より上の立場の意見は聞いてくれる

こういうタイプの上司は、立場をすごく大切にするわけですから、自分より上の人の意見は素直に聞くしかなくなります。ですから、こういう方法が上司を説得する方法として優れた方法となるのです。幅広く色々な方の意見を出して、その意見が自分だけの意見ではないということをアピールして上司を説得していくと良いでしょう。

根拠を求める上司を説得する方法:資料を作る

上司を説得しようとすると、いつも根拠を求めてくる上司もいます。そういうタイプの上司を説得する方法には、どういう方法があるでしょうか?こういうタイプの上司を説得する方法としては、実際に根拠を示していくという方法しかありません。自分でしっかりと根拠となる資料を作り、それを提出して説得にあたりましょう。ただしその資料の作り方にはコツがあります。

自分にとって有利なデータで固めた資料を作成するのがコツ

いわばその説得はプレゼンテーションですから、自分に有利なデータだけあつめた資料を作り、それを提出するのです。そうでないと、上司を説得する方法としての効力が発揮できなくなる可能性があります。ですから、こういうタイプの上司を説得する方法としてこの方法を採用する場合、真面目になりすぎないということがコツです。

上司のタイプを良く理解してから上記の方法を参考にして説得する

以上、タイプ別の上司を説得する方法の紹介でした。上司を説得するなら、その上司のタイプを見て、そのタイプの特徴をつかみ、手のひらの上で転がすようにしていくよりほかありません。これらの事を参考にして上手く上司を転がしていって、上司を説得する方法を自分なりにも考えてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス