面接で特技を聞かれた時の口答ポイント

特技

面接時に特技を聞かれたらどう答えたらいいの?

Hand 427517 640

多くの就活生がこの「あなたの特技を教えてください」という質問に対する回答を考えるのに困ったと思います。ではその特技について話すポイントとはなんでしょか。

特技を聞かれたらこの順番で答えよう

特技を聞かれたときは、特技がなんであるか、特技についての自分なりの説明、特技から得られたことや、今後の目標、の順番で話します。例えば、「特技は読書です。本を早く読むことができます」といったような感じです。こうすることで面接官が話を広げやすくなり、話題を自分の得意な方向に話を持っていくこともできます。

そもそも特技ってなんのために聞かれるの?

面接官が特技を聞く意図は、その人の人となりを確認することと、その特技が仕事に活かせるかか、ということを確認したいのです。そのため、特技をうまくアピールできれば、採用の可能性が高まります。

特技は日常からも探し出せる

自分には人よりできで自慢できる特技なんてない…と思っている人もけっこういると思います。でもそんなに思い込む必要なんてありません。日常から自分の特技になりそうなことを探してみましょう。

インターネットをよくするなら

インターネットというと遊びの域をでないと思ってしまう人もいるかもしれませんが、話し方によっては十分な特技になります。なぜなら、インターネットを使う目的は「情報収集・情報共有・情報発信」と豊富だからです。ただ補足や目的を「収集」にすると、面接官からの質問パターンが膨大すぎて、予測がたてられません。あらかじめ、分野を指定しておくか、「情報共有」「発信」の方で話をするといいでしょう。

料理や掃除をマメにしているなら

料理ができる人は、きちんと計画を立て、順序よくこなしていくことで複数のものを同時に作ることができます。計画性のほかにも効率良く動くというアピールにもなります。掃除は、清掃・整理・整頓・清潔・躾の5Sができているということです。空間を整えるということは、効率的・効果的な作業をする環境を創ることができるという証明になります。

特技を「自分の強み」に置き換えてみよう

Business card 427520 640

特技を考えてもなかなか見つからない人もいるかもしれません、そこで視点を変えて強みというキーワードで考えてみると、面接において話すポイントがわかってきます。その例をみてみましょう。

責任感を自己PRにした例文

私の強みは「どんな人ともすぐに打ち解けられる」コミュニケーションの能力の高さが強味だと思っています。

小さい頃から年齢・性別・国籍問わず交流してきました。そのため初対面の人など、どんな人とも物怖じせず話すことができ、すぐに打ち解けることができます!

私はどんな人であろうと、その人のいい点を見つけて、親密な関係を構築することができます。世の中には意見の対立などによる人間関係に悩む方も多いとは思いますが、私は今までに会ったすべての人と緊密な友好関係を築き、彼らと協力することで問題の解決に努めてきました。

コミュニケーション力が高さを自己PRにした例文

私は、明るい笑顔でコミュニケーションが取れることですが強味だと思っています。

私は人と接する時は常に笑顔を意識して相手にとって話しやすい空間を作れるよう心がけています。誰だって無愛想な人とは話しづらいし、笑顔でいれば相手の緊張も解れるからです。

私の強みは「どんな人ともすぐに打ち解けられる」こと!小さい頃から年齢・性別・国籍問わず交流してきました。そのため初対面の人など、どんな人とも物怖じせず話すことができ、すぐに打ち解けることができます!

私はどんな人であろうと、その人のいい点を見つけて、親密な関係を構築することができます。世の中には意見の対立などによる人間関係に悩む方も多いとは思いますが、私は今までに会ったすべての人と緊密な友好関係を築き、彼らと協力することで問題の解決に努めてきました。

面接で特技を聞かれた時の口答ポイントは自分の強みに変える

面接で特技を聞かれた時の口答ポイントについて、いかがしたか!?

特技を面接官に話せるというのは、絶好のアピールチャンス。

そのことを常に踏まえて面接を迎えるのがベストです。そして話すポイントをしっかりまとめて簡潔に伝えましょう。

履歴書やエントリーシートでは、伝わらないことをきちんと伝えることが重要です。特技がないと思っている人も、じっくり考えてみてください。常識的な範囲であれば何でも特技になりえるのです。面接は緊張しますが、臆せず笑顔でハキハキと話してきてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月25日転職