幹事が行う会計のコツと飲み会後半の動き方

幹事, 飲み会

幹事が飲み会の会計をする際は事前準備が大事

Beer 375974 640

会社の飲み会などでは、たくさんの人が参加する場合も多く、会場で会費を集めて会費を支払おうとすると、誰から集めたのかわからなくなる・金額が合わないなど、小さな問題が起こる場合が多々あります。

そんなとき、解決するまでに時間を要すると、飲み会に参加した人たちを待たせてしまいますし、なによりも盛り上がった雰囲気を幹事が壊しかねません。そういった事態を避けるためには、幹事として事前準備に特に注力するのがコツです。

先に飲み会の費用を集めて管理しておくと合理的

飲み会の日程と予算が決まったら、まず飲み会に参加する全員に案内を出しましょう。そこで重要なのが、会費は事前に集めると日付を指定してアナウンスしておく点です。

そして、会費を集める日になったら直接声をかけて幹事が会費を集めていくのが合理的です。なおその際、お金の管理を自分の財布で行ってしまうと、後々トラブルになった際に要らぬ誤解を招く原因になります。

必ず飲み会用の封筒をいくつか用意し、参加者の名前をリスト化して封筒に貼って回収するようにしましょう。そうすれば、会計のお金を一人でスムーズに管理できますし、トラブルも防げます。こういった点も重要なコツといえます。

会費は多めに集めて後から返金する形を取ろう

飲み会の会費は、あらかじめ500~1,000円程度は多めに集めておきましょう。得てして、飲み会の場での金銭トラブルは起こるものです。

飲み会の金銭トラブルでも特に、会費で賄えなかったというケースは多発します。そういった会計時の不測の事態に備えて、予め了承を取ったうえで多く預かるのがコツです。領収書をもらったうえで、飲み会が終わって幹事から返金をするという形を取るようにしましょう。

飲み会当日は会計を先に済ませておくのが幹事の仕事

飲み会当日は、会がそろそろ終わりに近づいてきたタイミングを見計らって、幹事が先に離れて会計を行うようにしましょう。そうすれば、飲み会が終わった時にスムーズに解散へと繋げられるコツになります。

但し、主賓がいる場合などはくれぐれも会計を気にするあまり、重要な場でいなくならないよう気配りは忘れてはいけません。

会計を幹事個人のクレジットカードで済ませるのもアリ

Money 256281 640

飲み会での会計の際は、会費として集めた現金で支払うのが基本ですが、細かい紙幣ばかりだと会計に時間がかかってしまいます。そんなとき、幹事個人のクレジットカードで支払って問題ないようであれば、クレジットカードで支払いを済ませるのも飲み会をスムーズに締めるためのコツです。

会計のスピードが圧倒的に早くて済むうえ、幹事のご褒美としてクレジットカードのポイントを貯めることもできます。とはいえ、幹事個人の会計が問題ないか上長の確認は忘れないようにしてください。

飲み会の幹事は会費を事前に集めよう! 当日の流れで会計方法を変えるのがコツ

今回は、幹事が行う会計のコツと飲み会後半の動き方について見てきました。幹事はその飲み会の責任者であり、参加者の満足をを決める大事な人物です。

なるべく参加者が気分よく終われるように様々な点に気を配らねばなりません。それは会計についても同じで、当日の進行をスムーズにするためには、事前準備と会計のタイミングが非常に重要なコツなのです。

飲み会当日に会計の全てを済ませようとすると、かなりの時間がかかってしまいます。会費を先に集めておいて、当日の流れによって会計方法を変える立ち回りなども、飲み会を綺麗に締めるためのコツなのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年1月16日ビジネス