「親展」を封筒に書く際の位置とポイント

封筒に「親展」と書く際には名前の左下に書く

Photo 00268

封筒に「親展」を書き添える際、親展という言葉は、名前の左下に書くのが基本的な位置になります。「様」の中心くらいの高さに親展と文字の書き始めを持ってくる場合もあれば、「様」よりも完全に下から書きはじめる場合もあります。そのあたりの厳密なポジションが決められているわけではありませんが、とにかく名前の左下に書くのが基本と言えるでしょう。

何か脇付が入る場合の位置はその左下

名前の左下の位置には、脇付が入るという場合もまれにあるかもしれません。脇付とは、貴下など、それを書き記すことによって敬意を表すものです。今ではあまり用いられないのですが、もしそのような言葉が封筒の名前の左下の位置に書かれていたら、「親展」は、さらにその左下の位置に入れることになります。

横書き封筒の場合は左上の位置に書く

では、封筒が横書きの場合はどうしたらよいのでしょうか。名前の左下の位置に「親展」を書くのは、あくまでも封筒が縦書きの場合の話です。横書きの場合に名前の左下に書くとなると、どこに書いたら良いかわからなくなるという方も多いかもしれません。横書きの場合は、封筒の名前の左下の位置には「親展」は書かず、左上に書くのです。

名前の右下に「親展」と書く場合がある

横書きの封筒では、左上に郵便番号を書く欄などがあるために、「親展」の位置が右下に来ることもあります。その場合には、左上に親展を書こうとすると、郵便番号のすぐ下や、その上あたりに「親展」が入り不自然な構成になるので、左上に入れられない時には、名前の右下の位置に書くのが正解です。

「親展」は赤字で書くようにする

封筒に「親展」を書く位置に関しては、これで完璧でしょう。縦ならば名前の左下、横ならば封筒の左上かあるいは、名前の右下というのが正しい位置です。しかし、その位置に「親展」と書く際には注意があり、必ず赤字で書かなければいけません。「親展」は、赤字で封筒に記載するのがルールとなっているのです。

見分けがつくように赤字にする

赤字でないと、住所や宛名などと見分けがつきづらいところがあります。ですから、封筒に「親展」という言葉を書く際には、赤字で書かないとならないのです。せっかくわかりやすい位置に書いているのに、結果字の色が原因でそれが読みづらいとなったら、まったく意味がありません。ですから、見分けがつくようきちんと赤字で書きましょう。

「親展」は赤字で名前の左下の位置に書くのが基本だが横書きは左上か名前の右下に書く

以上、封筒に「親展」と書く際の正しい位置について見ていきました。「親展」は、赤字で名前の左下、あるいは横書きの封筒の場合は左上か名前の右下に書くようにしてください。社会人として書類を発送することになると、こうした「親展」を使う機会も増えるかもしれません。ですから、今のうちにしっかりとルールを知り、実際の場面で役立てましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月12日ビジネスマナー