不動産取得税を支払えないと思った際に必要な手続き

税金

不動産取得税は忘れがちな税金のひとつ

Tax 468440 640

不動産取得税は忘れがちな税金のひとつです。これは固定資産税など不動産を購入する際に支払う税金が多く、どれを払ったか忘れがちになるからです。また、不動産所得税は取得後6ヶ月から1年程度で都道府県から請求されるため、時期的な要因も大きくなるでしょう。不動産の取得は大きな金額が動く分、税金も高い物になりがちです。支払えないとなると大きなトラブルになるため、必ず支払うべきものとして予定に組み込んでおく必要があるのです。

自己申告が重要になる

不動産取得税は待っていれば必ず来るわけではなく、自己申告が必要になります。これは都道府県の管轄税務署や市区町村役場などへの申告を義務付けられており、申告が漏れると正常な手続きができず、支払えない可能性があるからです。申告漏れが悪質な税逃れの一環と受け取られないように、早めに市役所などに申請するのがポイントとして挙げられるでしょう。

早めに申告をすれば不動産取得税の減税措置を受けられるケースもある

不動産取得税を払えない場合は、早めに申請すると減税措置を受けられる可能性があります。これは不動産取得税に控除枠が存在しており、金額によっては課税の対象にならないケースもあるからです。また、税金をいったん納めた後に手続きをすれば、支払い過ぎた税金の還付を受けられる可能性もあるでしょう。支払えないということがないように、事前に控除も含めた金額の確認と、還付手続きに必要な情報を集めておいて下さい。

分割でも納められる

不動産取得税は金額が大きくなるケースが多く、どうしても支払えないケースも生まれがちです。この場合は不動産取得税を分割で納められるので覚えておきましょう。その際は、管轄の税務署などへの相談が重要になります。ただし、ローンなどと同じで、支払い期間が長ければそれだけ税金も余分に取られる点は理解しておく必要があるでしょう。

不動産取得税が払えない場合はより状況は悪化する

不動産取得税が支払えない場合は、付帯税というお金が増えていきます。支払いが遅れれば遅れるほど金額膨らんでいくため、早めに申告をする必要があります。減税措置を含めて手続きをするには60日以内の申告する必要があり、支払えないのであれば早めに分割などの相談をした方が良いでしょう。税金を支払えない状況が続くと、最悪物件自体の差し押さえなどもあり得ます。

常に新しい情報を調べて計算するのが大事

不動産取得税は固定資産税から求められるものであり、税率も変更される場合があります。不動産を取得するタイミングで大きく変わるケースがある点に注意しなければなりません。1%の違いが数十万単位の違いを生み出すケースもあるため、支払額が大きく変わるのです。不動産取得税を支払えないという事態に陥らないためには古い情報だけでなく、常に新しい情報を調べて計算するのも大切でしょう。

不動産取得税が払えないなら早めに申告して減税措置や分割などの相談をすべき

不動産取得税を支払えないと思った際に必要な手続きについて見ていきました。不動産取得税は不動産の所有権が移った場合に課税される税金で、管轄の税務署や役場に申告する必要があります。不動産の取得後に課税されるのも特徴で、忘れていると支払えないといった状況に陥りがちです。減税措置なども存在するため、早めに申告するのが基本で、計画的な資金管理も重要になるでしょう。どうしても支払えない場合は分割納税も可能なため、担当者に相談してみて下さい。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日転職