「出来ましたら」の正しい敬語表現とその使い方

敬語

「出来ましたら」を「差し支えなければ」に言い換える

Hand 1076597 1280

「出来ましたら」の後に来るのは、大体の場合でお願いしたい事柄です。ですから、「出来ましたら」という言葉を不躾ではない印象の敬語に変えるためには、同じような意味の言葉に言い換えてしまえばよいのです。そして、「出来ましたら」と同じような意味でよく使われる敬語が、「差し支えなければ」です。これは、意味的には出来たらと同じ意味になるので、「出来ましたら」の代用になります。

クッション言葉でやわらかな雰囲気になる

「差し支えなければ」は、クッション言葉と言われる言葉です。クッション言葉とは、その後のお願いやお誘いなどをよりやわらかい雰囲気にして、相手に対して失礼な印象を与えない為の言葉なのです。不躾な印象がある「出来ましたら」を使うのに比べて、「差し支えなければ」という敬語を使うことで、すごく印象が良くなるでしょう。

「出来ましたら」を「可能であれば」に言い換える

「出来ましたら」、が不躾に聞こえるのは、「出来ましたら」という言葉の響きがカジュアルに聞こえてしまうから、不躾に聞こえてしまうのでしょう。では、「出来ましたら」からカジュアルな部分を取り除くとどういった敬語表現になるのでしょうか?「出来ましたら」からカジュアルさを取り除くと、「可能であれば」になりますので、それに言い換えるのもありでしょう。

「可能であれば」は強い印象になるため使い方に注意

「可能であれば」の言い方で、「出来ましたら」を敬語表現にしていくのであれば、可能の意味が強く聞こえないように注意が必要です。可能とは、「出来ましたら」に比べて、より能力的な印象が強い言葉です。ですから、可能であればという言い方は、能力があればに聞こえてもおかしくない言葉なのです。このように聞こえないシーンでのみ使うなど、注意が必要です。

「出来ましたら」は「恐れ入りますが」に言い換えるのもあり

「出来ましたら何々をお願いします」は、「恐れ入りますが何々をお願いします」との表現に換えることもできます。「恐れ入りますが何々をお願いします」は、「出来ましたら」に比べて、多少強制力の強い敬語表現になります。目上の人に対して使うには、この言葉も不適切となる可能性が高いので注意が必要です。

何かをやってもらう前提のため使う相手に注意

「恐れ入りますが」の敬語表現は、すでに恐縮をした表した言葉です。お願いの段階で既に恐縮をしているということは、「恐れ入りますが」の後に来るお願いに対して、やってもらうのが前提になっています。やってもらうことが前提になるのは、目上の人に対して使うには失礼にもなります。敬語として正しい表現ではありますが、使うシーンは限られるでしょう。

「出来ましたら」には「差し支えなければ」などの敬語表現があり場面・話す相手で使い分けよう

以上、「出来ましたら」を敬語で使う際の適切な言い方のご紹介でした。「出来ましたら」を敬語で表現する際には、「差し支えなければ」、「可能であれば」、「恐れ入りますが」のいずれかの表現にするのが正解になります。こういった敬語表現を活用し、不躾にならないような正しい敬語を使っていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月12日ビジネス