旦那様?女性上司の配偶者の適切な呼び方マナー

上司, 配偶者

日本も今後女性上司が増えていくからこそ

Cc library010010029

男女雇用機会均等法が施行されてから幾星霜。少しずつではありますが、日本でも女性の管理職が増えてきましたよね。

そして、今後ますます増やすことを政府も企業に求めている昨今です。

そんな中、女性上司ゆえに気を使う場面も多くなってきていますので、この機会に、女性上司へのマナーについても、しっかりとおさえておきましょう。

女性上司の旦那をどう呼べばいい……?

もちろん良い女性上司もたくさんいます。しかし、世間では女性上司が必要以上に気をつかわれているようです。それでは、ふとした会話の中に出てくる上司の配偶者を部下が呼ぶには、どういえばいいのでしょうか。具体的に見てみましょう。

Lgf01a201405191100

女性上司の旦那さんの適切な呼び方 『旦那様』

『旦那様』は少しくだけた呼び方です

旦那という言葉には、「ほどこし・布施をする人」という意味合いがあり、もともと芸者がお金を提供してくれるパトロンに対して使う言葉であったり、商人が客をおだてる時に使う呼び名だったと言われていますので、少しくだけた呼び方のようです。

なので、女性上司と親しい間柄である場合には、ザクザク使える気さくな表現として使うようにしましょう。

女性上司の旦那さんの適切な呼び方 『ご主人』

上司の旦那様を表す呼び方として「ご主人様」も当然つかうことができます。

「ご主人様」が、一般的なマナーです!!

とりあえず会話の場面で最低限これだけは、というものがあり、そのマナーが、この「ご主人」です。目上の人の奥さんは「奥様」、ご主人は「ご主人様」が、一般的なマナーです。

ちなみにですが、

目上の人の父、母、兄弟姉妹は「お父様」「お母様」「お兄様」「お姉様」「弟様」「妹様」と言います。夫、妻、息子、娘は、ちょっと形がかわり、それぞれ順番に「ご主人様」「奥様」「ご子息(しそく)」「お嬢様」という言い方になります。

女性上司の旦那さんの適切な呼び方 『ご夫君』

あまりなじみのない表現ではありますが上司の旦那さまを表す呼び方としても問題ありません。

「ご主人」と言う事に抵抗があるのなら、「ご夫君」と呼んでも◎

私は”夫”と紹介し、”ご主人”と呼びます。親しい友人相手なら、どちらの場合も”旦那さん”ですいいのですが、どうしても「ご主人」と言う事に抵抗があるのなら、「ご夫君」と呼んでもいいです。

この「ご夫君」は相手を立てる尊称になりますし、「令夫人」などと対になる敬称ですが、かなり堅苦しい丁寧な言い方になりますので、場面や人間関係を考慮して、判断しましょう。

女性上司の旦那さんを呼ぶ時の適切な呼び方はキチンとおさえておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

今回は、女性上司の旦那さんの適切な呼び方について紹介してきましたが、現在のビジネスシーンにおいても、女性で管理職や重役など増えてきていますが、まだまだ少数だと言っていいでしょう。

これからの時代、男女の垣根がビジネス上で、徐々に無くなってきます。女性上司の旦那さんの呼び方を迷うケースもありますので、その呼び方について、この機会におさえておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年11月29日ビジネス