社会人として新年会に参加する意味

2016年12月5日新年会

新年会をやる意味

“新年会とは、年の初めにやる会のことです。

新年会をやる目的としては、学校や職場、なにかのチームで、飲んだり食べたりしながら、一年の始まりを祝い、お互いの新年の挨拶を行います。

この行事の元々は、皇族や政府高官、外国使臣などを招いて皇居で行う「新年宴会」という儀式が始まりです。

つまり由緒正しい行事なんですねら。

この新年会ですが、一年の始まりを今年もよろしくお願いしますと祝うだけではなく、企業では本格的に仕事始めに入る前の気持ちを切り替えることに使われます。

よく言われる正月ボケがないように経営方針や目標などを全体で共有して、年末年始で緩んだ気持ちを仕事モードに切り替えます。

なので、基本的に1番偉い人が今年の目標や指針とそれに対しての具体策を伝えて、その次に健康や会社の発展を祈って乾杯します。

また、新年を祝いながらわその集まりの人々の親睦を深めるためにも使われます。なかなか仕事の中ではコミュニケーションを取りにくいですよね。だからこそ、こういった場面でしっかりとコミュニケーションを取り、今年の仕事を円滑にしていくためにも使われます。

つまり、新しい年に向けて頑張っていこう!という新年会であり、正月ボケから気持ちを仕事モードに切り替えるための会でもあり、全体で今年の目標や指針具体策を共有してモチベーションを上げます。

その中で今年から一緒に動くチームの顔合わせをしたり、なかなか取れないコミュニケーションを飲み食べしながら取れるようにという、計らいもあります。

つまり結構大切な行事なのです。なるべく参加をして、参加できない場合もちゃんとした理由にしましょう。"

新年会を欠席する理由

“1番欠席しやすい理由は忌中や喪中に、新年会のお誘いを受けてしまったときです。

新年会はお祝いごとであり、この場合お祝い事を避ける意味で、新年会も自粛しやすいといえます。

逆に忘年会などは、一年お疲れ様でした。本当にお世話になって有難うございます。来年もよろしくお願いしますを伝え合う会ですよね。

だからこそ、忌中や会に出席出来ない心境の方は別ですが、それ以外は欠席理由になりません。

しかし、新年会は「新年おめでとう!」という言葉が行き交います。

つまりお祝いの会ですので、忌中の悲しい気持ちを抱えての参加は自分も辛いでしょう。また、回りの方にも気を遣わせてしまう可能性もあるため欠席しやすいのです。

故人が親しい間柄の場合は欠席しても問題ないです。

しかし、この新年会がどうしても仕事において重要な場合、あまり深い関係の身内、つまり年に一回会うかもわからないなど、は出席するよう言われるかもしれません。

忌中や喪中は法的に決められた期間や規則がある訳でもないので、何と無く新年会に行きたくないなと思うかたには使いやすい言い訳かもしれませんね。

ただ、先ほども言ったように新年会は結構大切な行事です。ただめんどくさい、かったるいなんて理由での欠席はいけません。しっかりと参加して、正月ボケから気持ちを切り替え、仕事仲間とコミュニケーションを取ることで円滑に仕事を進めていけるように準備をしておきましょうね。"

まとめ

“いかがでしたか?

新年会とは、実はとても大切な行事なんです。

喪中などの理由以外はしっかりと参加しましょうね。"

人気の転職サイト特集

  1. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2016年12月5日ビジネス

Posted by BiZPARK