エレガントとエレガンスという表現における意味の違いと使い方

エレガンス, エレガント

エレガントは形容動詞であり「エレガントな人」という使い方をする

Woman 1320810 1280

エレガントとエレガンスの一番の違いは、言葉としての種類の違いでしょう。エレガントは形容動詞ですが、エレガンスは名詞です。つまり、本来この二つは使われ方がまったく使い方が違うものなのです。誰かの事を品があると言いたい時、エレガントの場合は、「あの人はエレガントな人」というような表現になるのです。

エレガンスは名詞であり「エレガンスがある」という使い方になる

対してエレガンスで、その人の事を品がある人と表現したい時には、「あの人はエレガンスがある」という風に表現しないとならないのです。これが、名詞と形容動詞の違いだと言えるでしょう。このあたりの違いをきちんと理解している人が少ないので、日本においてエレガンスもエレガントも同じような使われ方をしてしまうのです。

エレガントは上品である姿・形を表す

エレガントとエレガンスの違いには、もう一つ決定的な違いがあると言えるでしょう。エレガントを日本語訳にすると、上品である様といったような訳になります。これがどういうことかと言いますと、エレガントは、主に何かの姿・形が上品である際に使われる言葉になるのです。対して、エレガンスはそうではありません。

エレガンスは優雅さ・上品さという意味

エレガンスの意味は、名詞ですので優雅さや上品さという意味になります。それはつまり、姿・形の事を言っているのではなく、優雅さや上品さという概念のことをいっているのです。やはり、エレガンスとエレガントの意味は、厳密に見ていくとまったく違うといっても過言ではないでしょう。

エレガントは人の外見を指しエレガンスは内面を示す

こうしたことから見ていくと、エレガントは主に人の外見等を指し示す言葉で、エレガンスという言葉は、人の内面等を指し示す言葉だと分かるでしょう。大は小を兼ねるではないですが、エレガンスは、外見的な言葉に当てはめることも出来ます。エレガントとエレガンスの意味の違いが分かりづらくなる原因といえるでしょう。

意味を理解して使い分けると考えやすい

なので、きちんと言葉の意味を理解して、これからは使い分けるようにすると、エレガンスもエレガントも正しく使い分けることができるようになるでしょう。もっとも意識して使い分けたところで、きちんと相手に理解してもらえるかどうかは不透明ともいえます。ただ、それでも違いをきちんと理解している人からは、評価してもらえる可能性が高いでしょう。

エレガントは外見・エレガンスは内面の上品さを表すという違いがある

意外とわからないエレガントとエレガンスの違いのご紹介でした。その違いについてここではいろいろと紹介してきましたが、エレガントとエレガンスは、内面と外見の優雅さの違いだと思っていれば概ね問題ないでしょう。そうして上手く使い方をマスターしていくと、形容動詞と名詞の違いを理解することができます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年10月13日転職