キャリアビジョンの書き方3つのポイントと参考例

キャリアビジョン

キャリアビジョンとは?

Businessman 449927 640

ビジョンとは、自分の理想とする姿について、具体的にイメージすることです。では、キャリアビジョンとはどういう意味なのでしょうか。まずはそこから確認しておきましょう。

自分の姿は、意外と自分では見えていないものです。就職や面接において、自己分析は非常に重要です。それと一緒に、キャリアビジョンで5年後の自分はどうなっているか?どうなっていたいか?を、ハッキリさせておきましょう。

面接などでキャリアビジョンを聞かれるケースが増えている

就職でも転職でも面接官から「5年後のキャリアビジョンを教えていただけますか?」という質問をされる事は良くあります。この時にキャリアビジョンの意味が解っていないと、質問に答えようがありません。面接官が聞いているのは「あなたは5年後に弊社でどうなっていたいですか?」という事です。

明確に質問に答えられないようでは、内定を獲得する事は難しいでしょう。しっかりとキャリアビジョンを立てた上で就活を進める事が大切なのです。

キャリアビジョンは「予想」ではなく「理想」

キャリアビジョンは理想に近いものです。必ず叶えられる現実的なものでなくても、「こうなっていたい」「こんな事に挑戦できるようになりたい」という理想で良いのです。採用担当者が見ているのは、どれだけ前向きな姿勢で臨んでいるか、なのです。その実現に向けてのアクションを添えて、前向きな姿勢を見せましょう。

キャリアビジョンを描くのは自分の目的意識にも役立つ

それは自分自身の目指す理想を明確にし、目の前のことに追われないようにするためです。

ビジネスは学校生活とは異なり、誰かが定めた期間を、誰かが定めた基準を満たせば終了、といったものではなく、環境も課題も日々変わっていきます。その時に目の前の事に追われすぎると「なぜ自分はこんな仕事をしているのか」「本当にこのままでよいのか」と必要以上に悩んでしまうことがあります。

キャリアビジョンを描くことで、目の前の物事に取り組む意義を見出しやすくなり、日々を前向きに過ごしやすくなります。

キャリアビジョンが定まらない場合はエージェントに相談を

A7f668763f46e857

転職の面接では、キャリアビジョンについて聞かれることが多いです。しかし、5年後、10年後のビジョンを明確にするのは難しいですよね。そんな時は、転職エージェント相談してみてください!

リクルートエージェントであれば、業界No.1の転職実績を活かして、キャリアビジョンを含めてあなたが抱える悩みを質問を通して解決してくれます。ぜひ、活用してみてください。

どのくらい先に照準を当ててキャリアビジョンを考えるべきか

よく聞かれるキャリアビジョンの区切りと言えば、5年後、10年後。今回は5年後と想定して考えていきますが、キャリアビジョンを考える際には、〇○年後には何をしていたか、目標をはっきりさせるのが大切です。

5年後の自分の姿を想像してみる

3年後、5年後、10年後のキャリアビジョンを聞く場合などがありますが、やはり多いのは5年後のキャリアビジョンです。3年は少し短いと言われ、10年だと最近の社会や技術革新の面で激的に変わりすぎると言われています。5年ぐらいで考えるのがベターでしょう。

キャリアビジョンのため自己分析をする際には、5年前の自分と現在の自分を比べてみて、5年後の自分の姿を想像してみましょう。

キャリアビジョンの書き方とは?

キャリアビジョンの書き方について、ここで紹介していきますが、仕事や生活についての5年後のキャリアビジョン。具体的には、どのような書き方をすればいいのでしょうか。キャリアビジョンの書き方ポイントを押さえて、一度しっかりと考えて書き方をマスターすれば、就活や転職活動に役立てることができます。

Office 730681 640

キャリアビジョンの書き方①:背伸びした目標設定をする

5年後のキャリアビジョンの書き方としては、少しぐらい大胆なキャリアビジョンを組んだ方が良いでしょう。

目標値を少し高めに設定すれば、採用担当者にやる気を感じさせられます。逆に目標値を低く設定した書き方だと、志の低い応募者だと思われてしまいます。

そうならないように、少し高めのキャリアビジョンに設定するぐらいの気持ちでいる方が良いでしょう。

キャリアビジョンの書き方②:ネガティブな部分も具体化してみる

キャリアビジョンとは自己分析のひとつです。

強みだけでなく、弱みについてもきちんと分析をしなければいけません。現在抱えている弱みを5年後にきちんと克服できているか?そういった事も踏まえたキャリアビジョンの書き方をしましょう。

いつまでに克服するといった内容もふくむ書き方もいいでしょう。よりリアルなキャリアビジョンになります。

就活で好印象な具体性のあるキャリアビジョンに見せる書き方として、ネガティブな部分を受け入れるのも必要なのです。

キャリアビジョンの書き方③:アクションプランを作成する

5年後のキャリアビジョンを決め、書き方に則って履歴書やエントリーシートに書くために、アクションプランを立てましょう。理想のキャリアビジョンに到達するためには、どのようなアクションを起こす必要があるのか?5年間で何をどう動いたら良いのか?そういった事を考えましょう。

今の自分と5年後を比べてみて、何が足りないのか?足りない部分を埋めるにはどうしたら良いのか?を考え、その前向きさや努力をいとわない姿勢も書き込むのが、キャリアビジョンだけでなく、良い選考書類の書き方と言えるでしょう。

このキャリアビジョンの書き方が分かったところで、今度は面接や履歴書などに書き込むキャリアビジョンの例を見ていきましょう。具体的な例があるとわかりやすいですよね。書き方と例を両方見ながら理解していってください!

キャリアビジョンってどうやって書くのと悩んだら

A895a2688975da6c

キャリアビジョンは何となくあるが、どうやって書けばいいのかと悩んでいるあなた。ぜひ、「doda」のエージェントに相談してみてください!

作成したキャリアビジョンを添削してくれたり、より魅力的に見える提案をしてくれたりします。キャリアビジョンが明確になるだけでも、転職成功率は格段に上がります。また、志望企業の合格診断もありますので、試してみましょう!

就活や転職で役立つキャリアビジョンの書き方例

では最後に、キャリアビジョンの書き方例をみていきましょう。ただし、あくまで例は例です。自身と全く同じキャリアビジョンの例は存在しません。例を参考にオリジナルのキャリアビジョンを作り上げてください。

キャリアビジョン例①:会社への貢献をアピール

【キャリアビジョン例】

お客様との対話を楽しみながら、お客様目線での接客を心掛け、スキルを身につけていきたいと思います。

大学で学んだ〇〇を活かし、●●で売上に貢献し、そして5年後には私が店長として売上アップに貢献していること、それが目標です。

キャリアビジョン例②:成長意欲が高いPR

【キャリアビジョン例】

即戦力になれると自負しております。しかし、今後は更に高い交渉力を身につけて、有利な条件を引き出せるようになっていきたいと思い、現在も独学で勉強を続けています。

高いレベルの交渉力が求められる御社でぜひ働かせていただきたいです。

キャリアビジョン例③:高い目標を掲げ仕事への意欲をみせつける

【キャリアビジョン例】

記者としてライティング技術や校正技術、また交渉力も身につけて、5年後には編集長になりたいと思います。

記事を評価・審査するのであれば、あらゆる分野に精通していなければ務まらないと思っています。そのため、編集長を務めるため書く能力だけでなく、幅広い分野の専門誌や機関誌を購読し知識を深めています。

プロのサポートでより優れたキャリアビジョンを作成

キャリアビジョンの例を紹介して来ましたが、ひとりひとり違うものだけにこれでいいのか不安になる事もあると思います。そんな時は転職エージェントの利用を検討してみてください。客観的に見てくれますし、自分が思い描いている5年後と企業が見据える5年後がマッチしているかアドバイスをもらえます。とくに「ランスタッド」は「5年後、10年後を見据えた最適なキャリアプランをご提案」というコンセプトを掲げていて、キャリアビジョンの相談にはうってつけのエージェントです。ここまでの例を参考にエージェントのサポートでよりブラッシュアップされたキャリアビジョンを完成させましょう。

キャリアビジョンの書き方と例を参考に将来の自分像を明確にする!

キャリアビジョンの書き方がわかっていると、より具体的に自分が理想とする姿とイメージできます。

そして、そこに辿り着くために、強い意志を持って進めます。キャリアビジョンを持っている人と持っていない人では、5年後、10年後に圧倒的な差が出てきます。

これが就活や転職のときにキャリアビジョンを質問される理由です。例を参考に、ぜひキャリアビジョンの書き方を覚えてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2018年10月19日転職