外資系企業の平均年収と高収入である理由

2017年7月7日外資系企業

外資系企業への転職で高収入になる人が多い

Dollar 653250 640

日系企業から外資系企業へ転職して、年収を50万円~100万円程度もアップさせている方は少なくないです。

実際に、外資系企業の社員には、年収5,000万円を超える高収入の社員もいます。また、投資銀行やコンサルティングファームなどでは、3年も勤務すると年収1,000万円を超えるケースが大半とさえ言われているのです。

転職時における外資系と日系企業の平均年収の差は「約30万円」

中途採用市場では、大手の外資系企業が中途採用を増やすかどうかが、転職時決定年収の相場全体の変化に関わるとまでいわれています。

30歳の転職時決定年収の平均を見てみると、例えばネットワーク・エンジニアで大手の外資系企業が573.5万円であるのに対して、国内の大手企業は541.2万円と約30万円の差がついているのです。

また、ビジネス系のアプリ開発でも、外資系企業が518.9万円に対して国内企業は489.7万円で29.2万円外資系企業の方が高い。この「30万円前後の差」は、ほかのエンジニア系職種でも同じようです。

外資系企業の平均年収の金額

外資系企業では「年収800万円以上」が相場

Cat 602944 640

外資系企業は全体的に高収入で、年収800万以上が相場といわれています。

エンジニアは特に高い年収をつける傾向があります。最近ではDeNAやgreeなどが新卒エンジニアに年収1,000万という破格をつけましたが、外資系企業では珍しくありません。

運が良ければ「新卒で年収1,000万円超」

運外資系企業では運が良ければ新卒で年収1,000万円超える事もあり、新卒3年目でJリーガーよりも高い給料というのも夢ではありません。新卒で一軍のプロ野球選手よりも少し下ぐらいの高収入と思うとすごい事だといえます。

日本の上場企業の社長の年収は平均すると3,000万円ぐらいなので、入社3年目で上場企業の社長より高い給料が外資系企業では狙えるのです。

外資系企業の年収が高い理由

ざっと見ただけでも平均600万以上という外資系企業の高収入ぶりは羨ましい限りです。さて、外資系企業の年収が高いと言われる理由はどういった点にあるのでしょうか。

外資系企業は年収が高いと言われる理由に関してみていきましょう。

外資系企業が高収入の理由①:国内の同業界から優秀な人材を引き抜くため

Businessman 481113 640

外資系企業が国内上陸を果たした当初は、国内での知名度が低い為、優秀な人材を国内の同業界から引き抜く必要がありました。

知名度の低い会社が優秀な人材を雇うには、高給与を提示せざるをえません。外資系企業にはそのような事情があった為に、現在でも高収入の傾向があるという話です。

外資系企業が高収入の理由②:強い商品と市場力による財政的余裕がある

また、コンピュータ・IT業界に特徴的な事ですが、パソコンOSの典型的な外資系企業の製品における商品力は日本でも極めて高いといえます。

強い商品と市場力をもつ外資系企業が、社員に高い給与を支払えるというのは、理論的には当然のことではあります。

外資系企業が高収入の理由③:終身雇用・退職金制度・福利厚生などがない

外資系企業には、終身雇用という概念もなければ、退職金制度という概念も当然のごとくありません。また住宅手当などの福利厚生もほとんどない、というのが外資系企業では一般的です。

高収入であるのは、その分のお金が毎月の給与に反映されているような形です。

外資系への転職ならプロに任せた方が効率的

Kako qamnvhwahligadbe

高年収がゆえに外資系への転職を考える人は昔から多いものの、その成功率はとても低いのが実情。なぜなら外資系には外資系ならではの能力やスキル、対策方法が求められるからです。

そして実際に外資系への転職を成功させキャリアUPさせている人の大半はコネがあったり、飛び抜けたスキルがあったりするのもまた現実。では「転職初心者」や「キャリアUPを図りたいけど自信がない…」という人はどうすべきなのでしょうか。

外資系転職を成功させたいならこのサービス!

外資系への転職を考えるなら転職活動の円滑化を図るためにも絶対に転職エージェントを利用しましょう。 また、外資系・ハイクラス求人だったら、「JAC Recruitment」あたりが無難でしょう。このエージェントは、登録人数よりも質に重点を置いているエージェントなので、初心者〜上級者のみんなにオススメできます。 また的確なサポートを受けられるのでミスマッチがとても少なく、年収UP実績も高いので外資系転職なら「JAC Recruitment」の登録はマストだと思います。 また他にも色々なサービスがあるので、比較しながら使ってみると転職市場の把握など様々な場面で役立つでしょう。

外資系企業は財政的な余裕があるため高収入!平均年収は800万円以上

今回は、外資系企業に勤める人の平均年収と高収入である理由に関して紹介しました。こうして見ていくとわかりますが、外資系企業ではやはり技術職・専門職は外資系企業の中でも高収入を獲得しているようです。

仕事への厳しさをはじめ様々な点でハードな事などが外資系企業の特徴ではありますが、その分平均年収が高いという特徴に対して、どの様に受け取るかは一人一人によるのかもしれません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2017年7月7日転職

Posted by BiZPARK