化粧品のマーケティングで考えられる手法5つ

マーケティング, 化粧品

マーケティングとは商品を円滑に提供するためのビジネス

Bath balls 1617472 1920

マーケティングとは、対象となる商品やサービスを生産者が消費者へ提供する為の、ビジネスをいいます。消費者側のニーズや欲している物と、企業側のサービスや製品を販売する為の意図を関連させる情報収集を行う事をいい、市場状況など企業側が直面する外部環境と企業の間に、経済的によい関係性を構築する為の活動の総称です。

化粧品においてもマーケティングは重要

化粧品業界においても、マーケティングによる市場の情報収集は大変重要です。肌のトラブルは、年代によって大幅に違います。そんな中、市場状況の把握ができていなければ、ニーズに合った化粧品は提供できないでしょう。では、化粧品のマーケティングにはどういった手法が相応しいのでしょうか。

化粧品のマーケティング①:コモディティ化戦略

商品を大量生産する事で価格をおさえ日用品化をし、ドラッグストアやスーパー、コンビニなどで多くの顧客に消費される様にする戦略です。顧客のメリットとしては商品を安く手に入れることが出来、手軽に購入出来る事があげられますがデメリットとしては良い美容成分は期待できない事が挙げられます。企業メリットは数多くの顧客獲得が出来る一方資金がある大手にしか対応が出来ないことがあげられます。

化粧品のマーケティング手法②:カウンセリング販売

化粧品のマーケティングとしては、カウンセリング販売があります。デパートなどで美容部員と呼ばれる、販売員が肌の悩みなどのカウンセリングを行ったり、専用マシンを使用したりとその人に一番合った化粧品を紹介してくれる販売の仕方です。顧客メリットとしては、店頭でしかも無料で試せるほか、悩みを専門家に相談できます。その一方で、金額が高めになるのがデメリットです。企業側のメリットは顧客の化粧品に関する悩みを細かく把握し新開発に活かせますが、デパートなどのお店に誘致してもらうのが大変というデメリットがあります。

化粧品のマーケティング手法③:電話

次に紹介する化粧品のマーケティングでは、テレホンマーケティングと言うものがあります。女性が好んで読む雑誌やテレビなどで資料請求してきた顧客に対し、オペレーターが電話をかけて顧客の悩みをカウンセリングし、適切な化粧品を紹介する手法です。企業側のメリットは、電話というコミュニケーション密度が濃く、リピート率に繋がりやすい傾向がある一方で、相性のいいターゲットが限られるのがデメリットとしてあげられるでしょう。

化粧品のマーケティング手法④:ネットワーク販売

化粧品のマーケティングとしては、ネットワーク販売も挙げられるでしょう。販売商品に異常に興味を持って気に入ってくれた人が、その商品情報を他の人に自然に発信してくれるという販売方法で、知らず知らずのうちに販売員として活動してくれます。ネットワーク販売なら人件費が必要ない一方、関係する法律が複雑で社会問題になりやすいというデメリットが考えられるでしょう。

化粧品のマーケティング手法には「コモディティ化戦略」「カウンセリング販売」「電話」「ネットワーク販売」がある

化粧品をマーケティングする手法としては様々なものがあり、それに対しての顧客側、企業側それぞれにメリットとデメリットが存在する点には、注意が必要です。顧客はカウンセリングや日用品化などの信頼性の高いマーケティング手法を選ぶ一方で、最近ではネット通販やテレビ通販、資料請求からの電話販売など手軽にお試しできる手法を選ぶ傾向にもあります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング2019の上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

2016年12月6日ビジネス