相見積もりを取る際のルールと注意すべきマナー

2017年12月1日相見積もり

相見積もりにはルールとマナーがある

Three stooges 516165 1280

相見積もりとは、A社とB社両方に見積もりをお願いすることですが、「双方に見積もりをお願いしていることを伝えてもよいのだろうか?」「他社の見積もり内容を伝えてもよいのだろうか?」と悩まれた経験がある方も多いのではないでしょうか。実は相見積もりには、法律上のルールはなくとも、人としてのマナーを守ってお願いすべきなのです。A社とB社どちらにとっても信頼をなくさないためには、以下のようなルールを守って相見積もりを行うべきだといえるでしょう。

相見積もりをとる際のルール①:事前に通知する

Calculator 428294 640

相見積もりをとる際には、事前に相手に知らせておくのがルールです。もしも知らない間に相見積もりをとられていたとしたら、相手としてもあまり気分のいいものではありませんよね。もしも事前に相談してもらえていたら、金額も競合に合わせることができたかもしれません。相見積もりをとるのを相手に事前に知らせておくことによって、お互いによい見積もりができるというのがルールです。

事前に知らせておかなければ信頼関係がなくなる

相見積もりをとるさいに事前に相手に知らせておかなければ、信頼関係が崩れてしまうというケースがあります。次回見積もりをとりたいと思ったときでも、ルール違反をした人には見積もりすらしてもらえなくなる可能性もあるのです。今どのような状態で見積もりをとっているのかをお互い知っておければ、よい提案を受けられるでしょう。

相見積もりをとる際のルール②:回答期限を知らせる

A0006 002881 m

次に紹介する相見積もりをとる際に知っておきたいルールとしては、相手にいつまでに回答するのかを明確に伝えておくことです。もしも回答期限を知らせておかなければ、相手はいつまでも回答を待ち続けてしまいます。このような事態を避けるためにも、相手にはいつまでに回答するのかをきちんと知らせておくのがルールなのです。

期限と約束は守ることがマナー

相手に相見積もりの回答期限を伝えたら、期限を必ず守るのがマナーです。期限を守るのは、約束を守るのと同じになります。約束を守るという事を続けていると、自然と信頼関係が構築されていくでしょう。相見積もりをとったときには、回答期限を設定して必ず期日を守るということをセットとして覚えておくのがルールなのです。

相見積もりをとる際のルール③:断る時は誠意を持つ

相見積もりが条件に合わなかった場合には、誠意をもって断るのがルールであり、マナーでしょう。間違っても相見積もりをとったまま、放置しておくことがないようにしておいてください。相見積もりをとられた側も、断られる可能性があることは十分に理解しています。断るときはきちんと誠意をもっておけば、理解を示してもらえるはずなのです。

誠意は必ず伝わる

相見積もりを断るときに誠意をもって断ると、次回にも見積もりをとりやすくなります。ルール違反の不誠実な対応をしてしまうと、次から見積もりをとれなくなってしまうので注意が必要です。こうして相見積もりをとるときのルールをおさえておくと、相見積もりをとることに抵抗がなくなっていくでしょう。誠意をもって断れば、必ず相手にも伝わるものなのです。

相見積もりをとるときは「事前の通知・回答の期限・断る際の誠意」がルールでありマナー

これまで見てきたように、相見積もりはルールさえおさえておけば何も問題はありません。現代では、相見積もりをとることはむしろ自然であるともいえます。しかし、ルール違反をしてしまうと、それ以降相見積もりがとれなくなってしまうので注意が必要なのです。ここでご紹介した、相見積もりをとるときに知っておきたいルールとマナーをおさえておけば問題ありません。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    転職人気企業ランキング上位300社の中から、あなたが転職できる可能性のある企業を診断し、メールでお知らせします。実際に求人に応募する前に、まずは合格可能性をチェックしてみませんか。

  2. DYM就職:第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い

    サービス満足度90%!優良取扱企業2500社、エージェントが就職できるまで二人三脚!今からでも正社員としての就活が間に合います。

  3. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

2017年12月1日転職

Posted by BiZPARK